中公新書<br> 戦前日本のポピュリズム―日米戦争への道

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公新書
戦前日本のポピュリズム―日米戦争への道

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月10日 15時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 300p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121024718
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C1221

内容説明

現代の政治状況を表現するときに用いられる「ポピュリズム」。だが、それが劇場型大衆動員政治を意味するのであれば、日本はすでに戦前期に経験があった。日露戦争後の日比谷焼き打ち事件に始まり、怪写真事件、満洲事変、五・一五事件、天皇機関説問題、近衛文麿の登場、そして日米開戦。普通選挙と二大政党制は、なぜ政党政治の崩壊と、戦争という破滅に至ったのか。現代への教訓を歴史に学ぶ。

目次

日比谷焼き打ち事件
大正期の大衆運動
朴烈怪写真事件―若槻内閣と劇場型政治の開始
天皇シンボルとマスメディア―田中義一内閣の時代
統帥権干犯問題と浜口雄幸内閣
満洲事変とマスメディアの変貌
五・一五事件裁判と社会の分極化
国際連盟脱退と世論―ポピュリスト松岡洋右
帝人事件
天皇機関説事件
日中戦争の開始と展開に見るポピュリズム―第一次近衛内閣の時代
第二次近衛内閣・新体制・日米戦争

著者等紹介

筒井清忠[ツツイキヨタダ]
1948年(昭和23年)、大分市に生まれる。京都大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。文学博士。奈良女子大学助教授、京都大学教授などを経て、帝京大学文学部日本文化学科教授・文学部長、東京財団上席研究員。専攻は日本近現代史、歴史社会学。『西條八十』(中公文庫、読売文学賞・山本七平賞特別賞受賞)ほか著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ普通選挙制と二大政党制はポピュリズム=劇場型大衆動員政治に陥り、日米開戦という不幸な結末へと至ったのか。現代への教訓とは。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件