中公新書<br> 闘う文豪とナチス・ドイツ―トーマス・マンの亡命日記

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公新書
闘う文豪とナチス・ドイツ―トーマス・マンの亡命日記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 19時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 226p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121024480
  • NDC分類 940.28
  • Cコード C1222

出版社内容情報

ナチス台頭から終焉、終戦後までの激動を、亡命作家はどう見つめ、記録したか。遺された浩瀚な日記から浮かび上がる闘いの軌跡。

内容説明

大作『ブッデンブローク家の人々』で若くして名声を獲得し、五十四歳でノーベル文学賞を受賞したドイツ人作家トーマス・マン。だが、ファシズム台頭で運命は暗転する。体制に批判的なマンをナチスは国外追放に。以降、アメリカをおもな拠点に、講演やラジオ放送を通じてヒトラー打倒を訴え続け、その亡命生活は二十年近くに及んだ。激動の時代を、マンはどう見つめ、記録したか。遺された浩瀚な日記から浮かび上がる闘いの軌跡。

目次

1(クヌート・ハムスンの場合;レマルクのこと ほか)
2(大戦勃発の前夜;ドイツ軍、パリ入城 ほか)
3(封印の仕方;「白バラ」をめぐって ほか)
4(ニュルンベルク裁判;父と子 ほか)

著者等紹介

池内紀[イケウチオサム]
1940年(昭和15年)、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

キムチ27

55
マンほど肖像を残した作家もいまいとある。確かに!端正な風貌、佇まい、知的な香りに満ちている。筆者は1万頁余りある日記を丹念に読み解き「ナチス政権下の独逸から10年余になる亡命の時間」を過ごしたマンの目線で書きたくなったと。トニオ・グレーゲル、ベニスに死すしか読んだ事がない難解な作家との知識のみ。だが日記の内容は飛びぬけたドキュメントタッチ。当時の作家とのやり取り、種々の国際的事件、息子の自殺、自らの老いの哀しみまで探求している。個人がいかに無力、かつ良心的推考の困難があるかを述べた下りが痛い。2017/10/29

かごむし

42
マンを知る本というよりも、文豪の目から見た動乱の世界史というべき内容。ナチスによる政権掌握後、亡命を余儀なくされたマンは、精力的に発言すると同時に、将来、公開することを前提にした日記を書き留めていった。ドイツを中心に各国の利害が紛糾する国際情勢。悪意ある宣伝、錯綜する情報。その中からマンは真実を見極めようと目をこらし、綴っていった。大戦後にレッテルを貼りながら振り返る歴史ではなく、まさに現在進行形の希望と絶望が入り混じる中での息づかいが聞こえるような歴史を眺める思いで非常に興味深く読み終えることができた。2018/11/02

はるわか

32
ファシズム体制に批判的なマンを国外追放に。ヒトラー打倒を訴え続け、二十年近くに及ぶ亡命生活の日記。ヒトラーによるワーグナー偶像化と音楽の悪用を痛烈に批判。著名人が雪崩を打つようにして新しい権力に迎合する。マンの日記は同時代の私的クロニクであるかたわら、一貫して自分に課して実行された精神の力のまたとない記録だった。ヒトラーによるドイツ機甲部隊の進撃停止命令の謎、ダンケルクの奇跡的な脱出。1941年5月副総統ヘスの英亡命(1987年自殺)、「ヘスは間違いなく悪くない人物」、マンのナチ指導部への正確な観察。2017/11/05

kaoru

22
ナチスに追われて亡命した大作家トーマス・マンの膨大な日記を池内紀氏が解説した本。芸術家肌のマンが亡命先から故国の危機に立ち向かう姿が描かれる。マンとカフカの意外な関係、長男クラウスの悲劇、ブレヒトやヴェルフェルとの確執、写真を意識するマンなどどれも興味深い。温かく受け入れてくれたアメリカのマッカーシズムによる変質をマンはどう捉えただろう。「恵まれた亡命」をしたとはいえ、戦後も故国に住むことのなかったマンの生涯を顧みるとき、激動の20世紀を生きたこの卓越した作家の苦労を思わずにはいられなかった。 2017/08/31

ロビン

21
『魔の山』や『ブッデンブローグ家の人々』などで知られるノーベル文学賞受賞作家トーマス・マンの、1933年から1955年までの日記を元に綴られたエッセイ。第二次世界大戦や亡命先であるアメリカでの「赤狩り」など激動の時代を生きたマン。淡々と記された日記から冷静で慎重、そしてナチスの本性を見抜き一貫して反ナチスの姿勢を貫いた鋭い知性と意志の強い人柄が、時折覗かせる人間味と共に浮かび上がってくる。ハムスンの例の様に、芸術家としての能力と悪を見抜き糾弾する能力は別で、両方を兼ね備えたマンの様な人は稀なのだと痛感。2020/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12119992

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。