中公新書<br> シベリア出兵―近代日本の忘れられた七年戦争

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

中公新書
シベリア出兵―近代日本の忘れられた七年戦争

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年10月21日 05時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 266p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121023933
  • NDC分類 210.69
  • Cコード C1221

内容説明

1917年11月に勃発したロシア革命。共産主義勢力の拡大に対して翌年8月、反革命軍救出を名目に、日本は極東ロシアへ派兵、シベリア中部のバイカル湖畔まで占領する。だがロシア人の傀儡政権は機能せず、パルチザンや赤軍に敗退を重ねる。日本人虐殺事件の代償を求め、北サハリンを占領するなど、単独で出兵を続行するが…。本書は、増派と撤兵に揺れる内政、酷寒の地での7年間にわたる戦争の全貌を描く。

目次

序章 ロシア革命勃発の余波―一九一七~一八年
第1章 日米共同出兵へ―一九一八年
第2章 広大なシベリアでの攻防―一九一九年
第3章 赤軍の攻勢、緩衝国家の樹立―一九一九~二〇年
第4章 北サハリン、間島への新たな派兵―一九二〇年
第5章 沿海州からの撤兵―一九二一~二二年
第6章 ソ連との国交樹立へ―一九二三~二五年
終章 なぜ出兵は七年も続いたのか

著者等紹介

麻田雅文[アサダマサフミ]
1980(昭和55)年東京都生まれ。2003年、学習院大学文学部史学科卒業。10年北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員、ジョージ・ワシントン大学客員研究員などを経て、岩手大学人文社会科学部准教授。専攻は近現代の日中露関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロシア革命後、日本はシベリア中部まで侵攻し傀儡政権を作る。だがパルチザン、赤軍に敗退、虐殺にも遭遇し…。7年の戦争を描き切る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件