中公新書<br> 日本史の森をゆく―史料が語るとっておきの42話

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公新書
日本史の森をゆく―史料が語るとっておきの42話

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121022998
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C1221

内容説明

歴史は史料によって創られる。東京大学史料編纂所は、古代から明治維新期にいたるまでの膨大な史料を日本中から収集して研究する、国内最高峰の歴史研究機関だ。本書は、その史料編纂所に所属する「史料読みのプロ」四二名が、それぞれの専門分野から選りすぐりの逸話を集めて綴ったアンソロジーである。古代から幕末まで、歴史上の偉人も名もなき市井の人々も、悩みや喜びとともに生きたその姿が、ここによみがえる。

目次

1 文書を読む、ということ(正倉院文庫は宝の山;俊寛自筆書状をめぐって ほか)
2 海を越えて(鳥羽宝蔵の「波斯国剣」;杭州へのあこがれ、虚構の詩作 ほか)
3 雲の上にも諸事ありき(聖武天皇の葬列と純金観音像;『大内裏図考証』―京都御所を造った故実研究 ほか)
4 武芸ばかりが道にはあらず(「東国の巌窟王」源頼朝;土地裁判から見た鎌倉時代 ほか)
5 村の声、町の声を聞く(村祭りの光景;百姓は主張する ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件