中公新書<br> 国家と歴史―戦後日本の歴史問題

電子版価格 ¥968
  • 電書あり

中公新書
国家と歴史―戦後日本の歴史問題

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 296p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121021373
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C1221

内容説明

アジア・太平洋戦争の「清算」は一九五一年締結のサンフランシスコ講和を始めとする一連の条約で終えたはずだった。だが八〇年代以降、教科書、慰安婦、靖国神社、そして個人補償請求と問題が噴出。日本政府は司法の支持を頼りに、一連の条約を「盾」とし跳ね返してきたが、世界の民主化、人道主義の浸透の前に政策転換を余儀なくされつつある。戦後日本の歴史問題の軌跡を追い、現代国家はいかに歴史と向き合うべきかを問う。

目次

戦争検証の挫折
第1部 サンフランシスコ講和体制(東京裁判と戦犯釈放;「戦争犠牲者」とは誰か―「国家補償」と戦争賠償;「植民地帝国」の清算―請求権と国籍放棄)
第2部 一九八〇年代―「公平」と「受忍」(靖国神社問題の国際化―中曽根公式参拝の挫折;歴史教科書問題―イデオロギー論争から国際問題へ;戦後処理問題の「終焉」―受忍論による国家補償回避)
第3部 世紀転換期―冷戦・五五年体制崩壊後(「侵略戦争」をめぐる攻防―細川発言から村山談話へ;「言葉」から「償い」へ―新たな「和解政策」の模索 ほか)
「平和国家」と歴史問題―未来への説明責任

著者等紹介

波多野澄雄[ハタノスミオ]
1947(昭和22)年生まれ。72年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。77年同大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学、博士(法学)。外務省外交史料館、防衛庁防衛研修所戦史部などを経て、88年筑波大学社会科学系助教授。現在、同大学人文社会科学研究科教授(専攻・日本政治外交史)。「日本外交文書」編纂委員長(外務省)などを兼務。『太平洋戦争とアジア外交』(東京大学出版会、1996年、第26回吉田茂賞受賞)他著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件