中公新書<br> いじめとは何か―教室の問題、社会の問題

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

中公新書
いじめとは何か―教室の問題、社会の問題

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月28日 11時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121020666
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C1237

内容説明

一九八〇年代にいじめが「発見」されて以来、三度にわたる「いじめの波」が日本社会を襲った。なぜ自殺者が出るような悲劇が、繰り返されるのか。いじめをその定義から考察し、国際比較を行うことで、日本の特徴をあぶり出す。たしかに、いじめを根絶することはできない。だが、歯止めのかかる社会を築くことはできるはずだ。「いじめを止められる社会」に変わるため、日本の社会が、教育が、進むべき道を示す。

目次

第1章 いじめの発見
第2章 日本での三つの波
第3章 いじめとは何か
第4章 内からの歯止め、外からの歯止め
第5章 私事化社会と市民性教育
第6章 いじめを止められる社会へ

著者等紹介

森田洋司[モリタヨウジ]
1941(昭和16)年愛知県生まれ。大阪市立大学大学院博士課程修了。文学博士。愛知県立大学助教授、大阪市立大学大学院教授、大阪樟蔭女子大学教授を経て、2006年より2010年まで大阪樟蔭女子大学学長を務める。大阪市立大学名誉教授。専門は社会学(教育社会学、犯罪社会学、社会病理学、生徒指導論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

テンちゃん

80
いじめは、個人の現象ではなく、社会的な現象が産んだ行動だと思う( ̄□ ̄;)!!一人っ子家族から子どもたちは他人との対応に慣れていない。自分の弱さを隠す為に相手を攻撃することで自らを強くみせようとしていると考える!Σ(×_×;)!それが集団化し暴力、殺人、自殺にまで発展してきたのではないかι(`ロ´)ノ今、必要なことは、弱りきった道徳教育をいかに幼児期から見直し、専門教諭の配置するかだと思う( ̄0 ̄;)今こそ、真剣にいじめについて考える時がきている(◎-◎;)2015/07/04

牧神の午後

9
個人的な体験だけど、転校した小学校で軽くいじめられたことがある。ただ当時はネットでの匿名もなく、陰湿さはいまほどはなかったわけで。技術の進化、社会の変化、何よりも我々の考え方の変化もあって、いじめも変質して、ますます解決が困難になったのだと、もういっそ、人類滅んでも良いんじゃないかな、とまでに絶望してしまう。もちろん、著者は即効薬ではないけど解決策も処方してくれていて、それはある意味共同体主義的な、社会性を取り戻そうとするもの。ただ、そのためには子供だけじゃなくって、親の教育こそ必要なんじゃないカナと。2017/08/04

Riopapa

9
熱い著者の講演を聞いた後だったので,冷静な語り口に驚いた。いじめは個人の問題と考えていた部分があったので,いろいろと考えさせられた。2015/12/30

活字の旅遊人

7
子どもの頃、当然のようにいじめに遭ったし、いじめもやった。それぞれの立場での心境は、それなりに今も覚えていて、ああすればよかった、とかしなければよかったとか、今でも思うところがある。本書でそういうのを、大人の言葉で解釈するというのは、大人が自分を振り返りつつ、子どもにどう向き合うかを考えるのに良いと思うし、大人社会にもあるいじめの種、あるいはそのものを見直すことにもつながると思った。2020/09/29

わいわい

6
いじめ自殺問題が後を絶ちませんね。なるほど、日本では歴史的に「加害者への教育的な指導での対処」そして「教育的指導と心理相談を特徴とする対応」が展開されており、ようやく動き出した感じはありますが、社会的な対応が弱かったのですね。社会には必ず「いじめ」は存在するけれども、社会がそれに適切に対処できる力を持つことが大事。子ども社会は大人社会の鏡。育ちや環境がそれからの生き方に影響する。将来がある子ども達には健全に健やかに育ってほしい。大人の責任は重大だ・・・。2015/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/626694

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。