中公新書<br> 芭蕉―「かるみ」の境地へ

電子版価格 ¥990
  • 電書あり

中公新書
芭蕉―「かるみ」の境地へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 325p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121020482
  • NDC分類 911.32
  • Cコード C1295

内容説明

古典文学の名作に数えられている『おくのほそ道』だが、芭蕉にとって紀行文を書くことは趣味であり、修練の一つであったにすぎない。芭蕉は、「俗」を対象とする俳諧を、和歌や連歌と同等の文学に高めることに苦心したが、生前それが叶うことはなかった。本書は俳諧師の名乗りをあげた『貝おほひ』以降の作品を丹念に読みながらその足跡を追い、「俳聖」としてではなく、江戸を生きた一人の人間としての実像を描く。

目次

第1章 江戸へ出るまで
第2章 江戸俳壇と芭蕉
第3章 失意と転生
第4章 旅の始まり
第5章 『笈の小文』の旅
第6章 『おくのほそ道』と『すみだはら』

著者等紹介

田中善信[タナカヨシノブ]
1940(昭和15)年、石川県の能登半島に生まれる。早稲田大学第一文学部卒、同大学院文学研究科修士課程修了。早稲田大学図書館、高知女子大学、文部省、武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)を経て、91年より白百合女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。