中公新書<br> 物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

中公新書
物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年02月28日 01時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 342p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121019639
  • NDC分類 235.06
  • Cコード C1222

出版社内容情報

フランス革命のドラマに満ちた有為転変を追いつつ、当時を生きた人々の息遣いや社会の雰囲気を丁寧に取り上げ、革命の時代を鮮やかに描き出す。

内容説明

一七八九年、市民によるバスチーユ襲撃によって始まったフランス革命は、「自由と平等」という光り輝く理想を掲げ、近代市民社会の出発点となった。しかし、希望とともに始まった革命は、やがて恐怖政治へと突入、ナポレオンを登場させ、彼の皇帝即位をもって幕を下ろす。本書は、ドラマに満ちた革命の有為転変をたどりつつ、当時を生きた人々の息づかいな社会の雰囲気を丁寧に追い、革命の時代を鮮やかに描き出す。

目次

序章 フランス革命とは
第1章 「古き良き革命」の時代
第2章 革命的動乱の時代へ
第3章 国王の死
第4章 ジャコバン政府の時代
第5章 恐怖政治―革命政府の暗黒面
第6章 ナポレオンの登場

著者等紹介

安達正勝[アダチマサカツ]
1944(昭和19)年岩手県盛岡市生まれ。フランス文学者、歴史家。東京大学文学部仏文科卒業、同大学院修士課程修了。フランス政府給費留学生として渡仏、パリ大学等に遊学する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

169
今年最後の本。フランス革命と言えば近代を語る上で避けては通れない話である。私自身高校時代は日本史を選択したためフランス革命について深く勉強していなかった。そこでこの本を読んでみた。率直にいってとても面白かった!なんといっても今まで感じていたイメージが覆されるものも多くてそうだったのか!と思った。ルイ16世が世が世なら名君になっていた。恐怖政治を行ったロベスピエールが死刑反対を主張していたこと。私には驚きの連続であった。また参考文献や文献紹介もありもっとフランス革命について知りたいと思った作品であった!2020/12/30

skunk_c

59
中公新書の「物語」シリーズにはその命名に反してかなり読みづらいものもあるが、これは極めて読みやすい。フランス革命をナポレオンのクーデターまでと位置付け、その展開を経糸に、各局面での様々な人物、とりわけ女性の生き様を緯糸にしながら、まさに物語を紡ぐようにフランス革命を描く。著者の革命に対する評価が定まっているため、一本筋が通った概説になっている。ちょっと残念だったのが「サン・キュロット」という言葉が見当たらないところと、アンシャン・レジーム期に具体的に民衆にどのような税が課せられていたかがないことかな。2019/09/23

Aster

52
これまでに読んだ新書で圧倒的に面白い。岩波ジュニア文庫のフランス革命を前もって読んでいたので尚更。人間って凄いわ…フランス革命って勉強した人間だけが知るべきものじゃないでしょ。これでマルクスのブリュメール18日が読め……読める…のかな?2021/04/26

読書ニスタ

51
1793年、パリ! 人類の自由と平等を叫び、国民は国王ルイ16世を断頭台の前に跪かせた! 恐怖政治! 樹立した国民政党は、安定せず、疑心暗鬼のまま、その妻マリーアントワネットも断頭台に! 同士討ちにより政権リーダーたちも断頭台の列に加わる! ナポレオンボナパルト! 列に並んでいたこの男は神に見出され、皇帝となる! フランス革命とはなんだったのか、打ち倒した王政が、名を変えただけだったのか! 否! 自由を! さもなくば死を! 理想に燃え散っていった男、そして女、近現代社会はここから始まったのである!2019/04/10

Miyoshi Hirotaka

47
世界史への入門書は「ベルサイユのバラ」だったのでドラマ感覚で好意的に見てしまいがちだか、近代革命の暗黒面がここで完成した。現実離れした主義への盲従、異質なものに対する不寛容、反対派の徹底した粛清、内部抗争、内戦と対外膨張だ。一方、国民国家形成には手っ取り早く作用したので、その後、スターリン、毛沢東、ポル・ポトに劣化コピーされ、尋常ではない被害が生じた。地球人口の7割は専制下にある。いつまでも各国でこの改革モデルが採用されたら世界は激しく流動化する。そろそろ革命に代替する社会変革の枠組を実現するべきだ。2022/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548174
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。