中公新書<br> 物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ

個数:
電子版価格 ¥1,078
  • 電書あり

中公新書
物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 08時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 372p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121019318
  • NDC分類 228.5
  • Cコード C1222

出版社内容情報

バビロン捕囚やローマ帝国との戦いを経て流亡の身となったユダヤ民族が、第二次世界大戦後に独立国家を築くまで。コンパクトな通史。

内容説明

イスラエルという民族名は、紀元前十三世紀のエジプトの碑文にはじめて登場する。文明が交錯する東地中海沿岸部では、さまざまな民族が興亡してきた。そのなかで、イスラエル(ユダヤ)民族はバビロニア捕囚やローマ帝国による迫害など、民族流亡の危機を乗り越え、第二次世界大戦後に再び自らの国を持つに至った。本書は、民族の祖とされるアブラハムから中東戦争後の現在まで、コンパクトに語る通史である。

目次

イェルサレム
パレスティナ・イスラエルの国土
王政以前
第一神殿時代―紀元前10世紀~紀元前6世紀
第二神殿時代―紀元前538~紀元後70年
対ローマユダヤ叛乱―紀元後66~74年/132~135年
ビザンツ帝国時代から初期ムスリム時代へ―324~1099年
十字軍時代―1099~1187年
アイユーブ朝からマムルーク朝へ―1187~1517年
オスマン帝国時代―1517~1917年
ツィオニズム運動の開始
反ユダヤ暴動から建国前夜まで
イスラエル国誕生
中東戦争

著者等紹介

高橋正男[タカハシマサオ]
1933年、福島県会津若松市に生まれる。1958年、中央大学経済学部卒業。1964~65年、イェルサレム・ヘブライ大学に留学(イスラエル政府給費生)。1966年、中央大学大学院文学研究科博士課程修了、同年、獨協大学専任講師(教養部)。同大学助教授、教授(外国語学部)をへて、2004年、獨協大学名誉教授。1976~88年、社団法人日本オリエント学会理事。専攻・イェルサレム史。著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

15
創世記のアブラハムから紀元2000年頃までの歴史。前半は固有名詞のオンパレードで読み進めるのに難儀したけど、ユダヤ教とイスラエル国成立の複雑な関係が纏められていた。あまり頭に入っていないのだけれど、この苦難の歴史があるからこそのイスラエルなのかと納得した。同根のユダヤ教、キリスト教、イスラム教が1つの聖地を巡って争ってきた歴史について無責任に「地球は広いのに」などと思うのは罰当たりなのだろうが、「宗教はアヘンだ」といったマルクスは一面では正しかったのかな、などとも思ってしまった。2021/08/08

ジュン

10
今こそ読みたい一冊。合点し嘆かずにはいられない。古代イスラエル神話が現在イスラエルのアイデンティティにとってどれほど重要なのかがわかる。またホロコーストよりも中東戦争がイスラエルのユダヤ人をイスラエル国民としたことに目から鱗が落ちる。2021/05/14

にゃん吉

3
本書の題名を敷衍すると、「現「イスラエル国」が主権を主張する地域(特に、イェルサレム)及びその周辺地域において発生した歴史的出来事に関する叙述を中心として、同国の国民の大多数を占める、ユダヤ教を信仰する歴史的に形成された民族の起源と形成過程、同民族における「イスラエル」概念の形成過程、現「イスラエル国」建国までの経緯及び建国後の紛争の概要を叙述する物語」となるように思われました。自分ながらまわりくどいと思いますが、そう言うほかないほど、「イスラエルの歴史」が複雑、ユニークで、問題が根深いのが分かりました。2019/12/16

脳疣沼

3
聞きなれないカタカナが飛び交い、読むのに一苦労。しかし、その激動の歴史は、やはり(ユダヤ人には申し訳ないが)読んでいて飽きない。イスラエルには、悪いイメージがあったが、著者が親イスラエルで、好意的に書いてるためか、かなり同情的になった。今度はアラブ側からの歴史も学ばなければ。日本はイスラエルから、国家としてのサバイバル術を学ぶべき。2014/01/29

tres

3
イスラエルという国が出来るあたりからが面白い。具体的なエピソードまで望んじゃいけないよな2013/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/428913

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。