中公新書<br> 物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ

個数:
電子版価格 ¥1,058
  • 電書あり

中公新書
物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 372p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121019318
  • NDC分類 228.5
  • Cコード C1222

内容説明

イスラエルという民族名は、紀元前十三世紀のエジプトの碑文にはじめて登場する。文明が交錯する東地中海沿岸部では、さまざまな民族が興亡してきた。そのなかで、イスラエル(ユダヤ)民族はバビロニア捕囚やローマ帝国による迫害など、民族流亡の危機を乗り越え、第二次世界大戦後に再び自らの国を持つに至った。本書は、民族の祖とされるアブラハムから中東戦争後の現在まで、コンパクトに語る通史である。

目次

イェルサレム
パレスティナ・イスラエルの国土
王政以前
第一神殿時代―紀元前10世紀~紀元前6世紀
第二神殿時代―紀元前538~紀元後70年
対ローマユダヤ叛乱―紀元後66~74年/132~135年
ビザンツ帝国時代から初期ムスリム時代へ―324~1099年
十字軍時代―1099~1187年
アイユーブ朝からマムルーク朝へ―1187~1517年
オスマン帝国時代―1517~1917年
ツィオニズム運動の開始
反ユダヤ暴動から建国前夜まで
イスラエル国誕生
中東戦争

著者等紹介

高橋正男[タカハシマサオ]
1933年、福島県会津若松市に生まれる。1958年、中央大学経済学部卒業。1964~65年、イェルサレム・ヘブライ大学に留学(イスラエル政府給費生)。1966年、中央大学大学院文学研究科博士課程修了、同年、獨協大学専任講師(教養部)。同大学助教授、教授(外国語学部)をへて、2004年、獨協大学名誉教授。1976~88年、社団法人日本オリエント学会理事。専攻・イェルサレム史。著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

バビロン捕囚やローマ帝国との戦いを経て流亡の身となったユダヤ民族が、第二次世界大戦後に独立国家を築くまで。コンパクトな通史。