中公新書<br> 経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

中公新書
経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年06月30日 17時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121018243
  • NDC分類 331.04
  • Cコード C1233

出版社内容情報

経済学的に考えるとはどういうことか。身近な事例で運や能力の違いによって生まれる不平等をどう均すか、人間にとって何が幸福かを考える

内容説明

「お金がない人を助けるには、どうしたらいいのですか?」小学5年生が発したこの問いに、経済学者はどう答えるだろうか。女性が背の高い男性を好む理由からオリンピックの国別メダル獲得数まで、私たちの周りには、運や努力、能力によって生じるさまざまな格差や不平等がある。本書は、それらを解消する方法を、人々の意思決定メカニズムに踏み込んで考えることによって、経済学の本質をわかりやすく解き明かす。

目次

プロローグ お金がない人を助けるには?
1 イイ男は結婚しているのか?
2 賞金とプロゴルファーのやる気
3 年金未納は若者の逆襲である
4 所得格差と再分配
エピローグ 所得が不平等なのは不幸なのか

著者等紹介

大竹文雄[オオタケフミオ]
1961年(昭和36年)、京都府宇治市生まれ。83年京都大学経済学部卒業。85年、大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了、大阪大学経済学部助手、大阪府立大学講師を経て、大阪大学社会経済研究所教授。大阪大学博士(経済学)。労働経済学専攻。著書に、『日本の不平等―格差社会の幻想と未来』(日本経済新聞社、2005年、サントリー学芸賞、日経・経済図書文化賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♪みどりpiyopiyo♪

31
これも以前読んだ本。入門書の数歩手前の易しい読み物。気軽に読めて楽しかった♪ ( ' ᵕ ' )

ビィーン

22
「経済学的思考のセンスがあるひとは、インセンティブの観点から社会を視る力と因果関係を見つけだす力をもっている人だと筆者は考えている」そうか、なるほどね。しかし、最後まで本書を読んだけれど経済学的に考えられない自分って、とことんお金とは縁がないのかも。2020/07/10

ステビア

21
色々なことを経済学的に考えてみようというエッセイ。「『経済学的思考のセンス』がある人とは、インセンティブの観点から社会を視る力と因果関係を見つけだす力をもっている人だ」2021/10/06

tetuneco

15
経済学的思考って、難しいけど単純なんだね。2013/04/24

kakoboo

13
これって行動経済学の内容なのかな?正直あまりピンとこなかった気がする。。。 マクロ経済から現代において蔓延っている所得格差について論じている最終章は学説的ながらにおもしろかったけど。3高や年功序列の話についてはあまりにも何をいまさらといった感じで不完全燃焼でした。そもそも現状については前提が色々な背景や要因があり一概に説明できない点が多いし、経済学では説明できない点が多いと説明していて、早々に限界にたどりついている論調がイマイチ好きになれませんでした。2015/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/523782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。