中公新書<br> 言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか

個数:

中公新書
言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月07日 00時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 340p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121016478
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C1245

内容説明

言語に規則があるのは、人間が言語を規則的に作ったためではなく、言語が自然法則に従っているからである―。こうしたチョムスキーの言語生得説は激しい賛否を巻き起こしてきたが、最新の脳科学は、この主張を裏付けようとしている。実験の積み重ねとMRI技術の向上によって、脳機能の分析は飛躍的な進歩を遂げた。本書は、失語症や手話の研究も交えて、言語という究極の難問に、脳科学の視点から挑むものである。

目次

脳‐心‐言語
獲得と学習―人間はチンパンジーとどこが違うか
モジュール仮説―言語はどこまで分けられるか
普遍文法と言語獲得装置―言語学とは何か
言語の脳科学―言語はどのようにして調べられるか
言語の機能局在―言語に必要な脳の場所
言語野と失語―左脳と右脳の謎
自然言語処理―人工知能の挑戦
言語入力の脳メカニズム―単語から文へ
文法処理の脳メカニズム―文法は脳にある
手話への招待―音のない言葉の世界へ
言語獲得の謎―言葉はどのようにして身につくか
感受性期とは何か―子どもは言語の天才

著者等紹介

酒井邦嘉[サカイクニヨシ]
1964年(昭和39年)、東京に生まれる。87年、東京大学理学部物理学科卒業。92年、同大大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。同年、同大医学部助手。96年、ハーバード大学医学部リサーチフェロー。MIT言語・哲学科訪問研究員を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

修一郎

64
様々なジャンルからかき集めた主張で構成してあったり,学習習得説派をやっきになって批判していたりと盛り盛りなところは読みにくいし,もっと科学実験的なアプローチに依る主張の方が自分は好きだったりするけれども,「人間は母語を獲得する際,文法を習得するのではなく,すでに脳構造にプレインストールされているのだ,でないと幼児期のあの爆発的な言語獲得過程を説明できない」…という言語生得説は,自分にとっては新鮮で刺激的だった。この本は2002年刊行,2016年現在でどの程度検証が進んでいるのか知りたいところだ。。2016/11/12

かるかん

24
今まで母語の獲得は学習のメカニズムで行われるものだと思っていたが,どうやらそうではないらしい.つまり,生得的に言語に対する知識を持って生まれるそうだ.目からウロコのような話である. 大変難解だったので理解できたかというとそうではないが,断片的に入手したこの知識を他の書物や話で補助していきたい.2014/10/07

Tui

16
言葉とは何なのか?どんな仕組みなのか?脳の分析をベースに考察している、やや専門的な色合いの濃い本です。解剖や生理を丁寧になぞり、言語そして脳という森を慎重に分け入ってゆく。まだ解明されていない(解明される日なんて来るのかな)発展途上の分野なので、読んでスッキリ整理できるわけではない。でも言葉について論を追うほどに、どうしてこんな不可思議なモノを人は操ることができるようになったんだろうかと感心してしまう。「統語(文章をつくること)こそが言語の本質だ」という著者の言葉が特に印象に残りました。2017/02/20

おはち

15
副題に「脳はどのようにことばを生みだすか」とありますが、その答えはまだ出ていないようです。言語と脳の関係について、症例から関わっている領野が判明したりしなかったりという感じで、具体的な機能の特定には至っていないとのこと。失語症と領野の関係や、手話やバイリンガルの言語獲得についてなど多角的なアプローチがされていて、生得的な言語能力の奥深さを再認識できます。対象が人間という性質上、倫理的な制限が多いということで、倫理的にダメな実験を秘密裏にやっていて脳科学が異常に進んでいる国というフィクションを考えてしまう。2021/09/21

セウテス

14
皆さんは、チョムスキー氏を知っていますか?アインシュタイン氏と同じ位、言語学では有名人です。私は素人なので、上手に説明出来ないけど、言葉は脳が創り出した、1つの機能だと言うのです。言語学は、文系?理系?。いいえ、2つの真ん中だと言うのです。そう考えると小説は、心の思いを文字に表す文化ですね。確かに、ミステリーにもサイエンスミステリーがありますし、SFはもちろんです。読んでみると、言語学はまた、説明のつかないユニークな科学ミステリーの様でした。2014/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/425462

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。