中公新書<br> 文科系のパソコン技術―ライティングシステム序説

中公新書
文科系のパソコン技術―ライティングシステム序説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121013040
  • NDC分類 007.6
  • Cコード C1230

内容説明

文科系の人間にとって、パソコンはまだ何となく敬遠したい存在である。そもそも書くだけなら万年筆でもかまわないし、ワープロ専用機でも十分なのに、なぜパソコンなのか。文科系の人間といえども文書作成をするにあたり、データ収集・加工・検討を繰り返さなければならない。パソコンを単なるワープロ的利用にとどめない、データ収集を含めたライティングシステム構築の手引きを、図版を豊富に使って懇切丁寧に解説。

目次

序章 私のパソコン遍歴
第1章 文科系人間とパソコン
第2章 書く=考えるためのパソコン
第3章 脱ワープロこそ文科系のためのパソコン
第4章 コンピュータと言語
第5章 世界とつながるパソコン

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

工具漢

0
自分も文系なので興味があって読みました。データーベースの活用は是非してみたいですね。2009/09/29

takao

0
○文書作成の6つの基本機能 削除、挿入、複写、移動、他文書参照、単語登録 ・本書の原稿は章ごとにファイル分割して書いている。 ・検索を考え、章見出しのタグ 序章 ○○

0-1 まずはワープロ専用機から

0-1-1 最初の出会いは しかし、最近はアウトライン ○エディターの検索機能 ・年表データベース ○論文作成 ・資料の調査、収集 ソシュールの全文テキストデータ ・資料の検討 上のデータからobjectだけ拾い出す。(一覧はつくらない) ・執筆 2021/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/85117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。