中公新書<br> マヌ法典―ヒンドゥー教世界の原型

中公新書
マヌ法典―ヒンドゥー教世界の原型

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784121009616
  • NDC分類 322.25

内容説明

多民族、多言語、多宗教の国インドでは、今日ヒンドゥー教徒が総人口の8割をしめ、かれらは文化、政治、経済に圧倒的な力を及ぼす。ヒンドゥー教は信仰と生活実践を一体化した宗教で、特有の社会制度、法律、倫理道徳の体系をもつが、その原型は記元前後の編纂と推定される『マヌ法典』で仕上げられた。本書では、今日もインドの社会体制、人びとの価値観と生活の深層部を支配する『マヌ法典』を、正確に、わかりやすく紹介する。

目次

第1章 『マヌ法典』の世界観―世界創造とヴァルナ体制
第2章 『マヌ法典』の人生観
第3章 行動の準則
第4章 罪と贖罪
第5章 犯罪と刑罰