デフレと闘う―日銀審議委員、苦闘と試行錯誤の5年間

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

デフレと闘う―日銀審議委員、苦闘と試行錯誤の5年間

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月20日 17時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 425p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120054457
  • NDC分類 338.41
  • Cコード C0033

出版社内容情報

量的・質的金融緩和(QQE)、マイナス金利、イールドカーブ・コントロール、そしてコロナショック……。2015年3月から2020年3月までの5年間、著者は黒田総裁下の日本銀行で、金融政策を決定する政策委員会審議委員を務めた。2%の物価目標とデフレ脱却に向け、日銀はいかに苦闘したのか。さまざまな批判に何を思い、反論したのか。アベノミクスと金融政策決定の舞台裏を明らかにする。

内容説明

量的・質的金融緩和(QQE)、マイナス金利、イールドカーブ・コントロール、そしてコロナショック…。2015年3月から2020年3月までの5年間、著者は黒田総裁下の日本銀行で、金融政策を決定する政策委員会審議委員を務めた。2%の物価目標とデフレ脱却に向け、日銀はいかに苦闘したのか。さまざまな批判に何を思い、反論したのか。アベノミクスと金融政策決定の舞台裏を明らかにする。

目次

第1章 デフレの時代
第2章 量的・質的金融緩和(QQE)政策の開始
第3章 日銀審議委員になる―2015年
第4章 マイナス金利政策の採用―2016年
第5章 緩和の「出口」論が盛んになる―2017年
第6章 マスコミのリフレ嫌い―2018年
第7章 消費税増税の政治的モメンタムは強い―2019年
第8章 コロナショックとQQE―2020年

著者等紹介

原田泰[ハラダユタカ]
1950年(昭和25年)、東京都に生まれる。東京大学農学部卒業。学習院大学博士(経済学)。経済企画庁国民生活調査課長、海外調査課長、財務省財務総合政策研究所次長、大和総研専務理事チーフエコノミスト、早稲田大学政治経済学術院教授、日本銀行政策委員会審議委員などを経て、名古屋商科大学ビジネススクール教授。著書に『昭和恐慌の研究』(共著、東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞受賞)、『日本国の原則』(日経ビジネス人文庫、石橋湛山賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばたやん@かみがた

81
日銀に入り金融政策の枢要に関わった人物の回顧録として岩田規久男『日銀日記』(2018)がありますが、本書はそれに続く日記風に在任中の出来事やそれへの意見を綴った記録です。公人が任期終了後、秘守義務に触れない範囲でこのような回顧を本に纏めることはドンドンやって頂きたいと思います。/第一に感じることは、著者の組織に絡め取られない自由人としての信条でしょうか。著者の人となりは、以前の著『日本国の原則』にもあった上っ面の共同体主義に対する非常に醒めた視線などでお馴染みでしたが、(1/6)2021/08/29

aun

2
日銀シンパなので全く響かなかった。筆者らリフレ派はあれだけ量を増やせばインフレを起こせると主張していたのに結局うまくいかず、それをなぜか雇用は確かに改善したと論点をずらして自らを擁護している。本当に身勝手。また、何度も「高偏差値」との表現が登場し、いい年した大人が偏差値を気にする様子が滑稽であった。未曽有の金融政策の行方について全く触れない(あえて?)のは日銀の意思決定を担った立場として無責任と言わざるを得ない。2021/09/21

t0243

1
読んで損した。自己正当化にここまでページを割く必要があるのかな。反対論を攻撃しつづけ、途中で問いにに答えない学者を馬鹿にしているのに、末尾で物価が上がらなかった理由は「分からない」と答えることを放棄してるし。 こういう自伝書くような人間にはなりたくないな。2022/04/23

tacacuro

1
金融政策を巡る議論はもちろん、日銀の舞台裏や日本経済社会政治論、経済企画庁OB列伝、MMTの解説など幅広く多岐にわたる内容が一冊に一杯つまっていて、とてもぜいたくな本。「500兆円しか貸出先がないのに、800兆円も預金を集めている」銀行こそ、まずは構造改革が必要だという。そして「規制改革や構造改革には、リーダーの断固とした意志とともに、人手不足が必要」だと。全体的に歯に衣着せぬ論調で、わかりやすくて心地よい。2021/07/21

Lily13

0
原田元日銀審議委員の書。学界、旧日銀、銀行など金融緩和に対する反対意見が強い中、ドラスティックに金融緩和に舵を切ったこと、および、それを推し進めることね苦労についてリアルに分かった。金融緩和がもたらした効果(=GDP成長、雇用の拡大/失業率減少など)について整理されおり、その恩恵は大きく感じる。原田氏退任以降、2022は世界的にインフレが進行しているが、この特殊状況を、インフレモーメンタムに繋げられれば、デフレから脱却できるのでは?2022/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18045537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。