ペットの気持ちがわかるスピリチュアル・コミュニケーション

個数:

ペットの気持ちがわかるスピリチュアル・コミュニケーション

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年07月05日 23時25分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 125p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784120052934
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0095

目次

1章 ペットたちのスピリチュアリティ(ペットはいつか「人霊」になるための修行中;動物を飼うのは「たましいのボランティア」 ほか)
2章 コミュニケーションをとるために(ペットにテレパシーを送って想いを伝える;出会いはじめのコミュニケーション ほか)
3章 ペットとの暮らし―しつけ、性、食、才能(しつけに必要なのは「信頼関係」を築く努力;去勢や避妊について最善の道を考える ほか)
4章 やがて来るペットの別れについて(浄化の足を引っ張らないために;正しい知識でペットの健康を守る(対談・天野芳二))

著者等紹介

江原啓之[エハラヒロユキ]
スピリチュアリスト、オペラ歌手。1964年東京都生まれ。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。吉備国際大学、九州保健福祉大学客員教授。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。出版、講演活動などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

出会いや別れ、病のとき、ペットたちは何を考えているのか? ペットと飼い主がわかり合い、後悔のないペットライフを送るためのバイブル

飼い主にとっての一番大きな関心事は、「自分のペットは今どういう気持ちなのか」「?どうしたら気持ちを伝えられるのか」「亡くなったペットはどうしているのか」?ということ。「ペットとコミュニケーションをとるために必要なこと」や、「ペットと幸せに暮らすためのスピリチュアルなしつけ」を著者が書き下ろす。
また、ロングセラーとなっている著者の前作『ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー』の基本部分を踏襲しながら、ペットや飼い主の高齢化問題、ペットロス、ペットの延命や安楽死などの医療・健康、保護猫・保護犬問題、動物愛護管理法改正などの最新情報を加えて構成。ペットとのコミュニケーションを助けるツールとして「コミュニケーション・カード」48枚が付録についています。著者が2019年に家族に迎えた紀州犬「大我くん」とのグラビアも収録。
江原啓之ファンをはじめ、ペットを飼っている方、ペットを亡くした方、これからペットを飼う方、ペット問題で悩む多くの人に届ける1冊。
*本書は、2019年に発売された『婦人公論』別冊『ペットとスピリチュアルに暮らす』の一部も収録しています

★目次より抜粋
はじめに ペットは、「宿命」と「運命」の織りなすご縁でやってくる
グラビア 江原啓之がわが子を撮影 ご神犬の子ども「大我」との暮らし
1章 ペットたちのスピリチュアリティ
動物を飼うのは「たましいのボランティア」
動物たちには霊能力がある
ペットと災害
保護した動物たちのたましい

【江原啓之に聞くQ&A】
「動物にもオーラがあるのですか」 「ペットのお骨でペンダントを作りました。成仏の妨げになりますか」
2章 コミュニケーションをとるために
ペットにテレパシーを送って思いを伝える
別れのコミュニケーション
偽・アニマルコミュニケーターにご用心
ダウジングでコミュニケーションをとる
3章 ペットとの暮らしーしつけ、性、食、才能ー
しつけに必要なのは「信頼関係」を築く努力
去勢や避妊について最善の道を考える
動物にとっても「食べることは生きること」

【江原啓之に聞くQ&A】
「動物のクローンはスピリチュアルの観点から見てどうですか」?
「犬にとって、義足や車椅子を使うのはいやではないのでしょうか」?

4章 やがて来るペットの別れについて
弔い‾ペットロスの乗り越え方
正しい知識でペットの健康を守る
課題が多いマイクロチップ
安楽死について考える

コミュニケーショ