日本の花を愛おしむ―令和の四季の楽しみ方

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

日本の花を愛おしむ―令和の四季の楽しみ方

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2020年03月29日 12時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 274p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784120052644
  • NDC分類 627
  • Cコード C0076

内容説明

私たちの身近にあって、美しく季節を教えてくれる草花。懸命に生きる植物たちには驚くべき知恵や工夫があります。そして、私たち日本人は草花とともに、物語や伝説を生きてきました。本書を片手に、もう一度身の回りの植物にまなざしをそそいでみませんか。

目次

新春を祝う植物たち
春の訪れを告げる植物たち
春を演出する樹木たち
春を演出する草花たち
初夏に花咲く植物たち
夏の暑さの中で花咲く樹木たち
夏の暑さの中で花咲く草花たち
時刻を知られる植物たち
秋を魅せる樹木たち
秋を魅せる草花たち
冬の寒さの中で花咲く植物たち

著者等紹介

田中修[タナカオサム]
甲南大学特別客員教授/名誉教授。1947年(昭和22)京都市に生まれる。京都大学農学部卒業、同大学院博士課程修了。スミソニアン研究所(アメリカ)博士研究員などを経て、甲南大学理学部教授を務め、現職。農学博士、専門は、植物生理学

朝生ゆりこ[アソウユリコ]
イラストレーター、グラフィックデザイナー。東京藝術大学美術学部油画科卒。雑誌、書籍のイラスト、挿画などを多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古来日本人は、植物たちや花々の姿を愛で、歌に詠み、絵画に描いてきた。


慌ただしい日常の中で、草花を見るために出かけたり、自ら育てている人も少なくない。


本書では、日本の草花を四季に応じて紹介する。植物に関して興味深い事実を紹介することに加え、日本人との関わりにも筆を伸ばし、自然をより身近なものにするよう工夫が凝らされている。


紹介する草花には大きく美しいカラーのイラストを添えた。