武田百合子対談集

個数:

武田百合子対談集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月29日 04時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120052491
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

深沢七郎との二度の対談、金井久美子、美恵子姉妹とのおしゃべり、そして、吉行淳之介と「好色五人女」をめぐる話。武田百合子が残した数少ない対談に加え、NHKラジオで放送された岸田今日子との『富士日記』をめぐる対話も、初収録する。

内容説明

エッセイとは異なる新たな一面がかいま見られる。単行本未収録の一篇を加えた初の対談集。

目次

武田泰淳の存在―深沢七郎×武田百合子(入院そして肝臓ガンによる死;口述筆記について ほか)
メリイ・ウイドウのお話―金井久美子×金井美恵子×武田百合子
女と男のまな板ショー―深沢七郎×武田百合子(谷崎賞は御仏の慈悲;『みちのくの人形たち』 ほか)
『好色五人女』のおもしろさ―吉行淳之介×武田百合子(生きるか死ぬか;一・一人の男関係 ほか)
『富士日記』をめぐって―聞き手 岸田今日子

著者等紹介

武田百合子[タケダユリコ]
1925(大正14)年、神奈川県横浜市生まれ。旧制高女卒業。51(昭和26)年、作家の武田泰淳と結婚。取材旅行の運転や口述筆記など、夫の仕事を助けた。77(昭和52)年、夫の没後に発表した『富士日記』により、田村俊子賞を、79年、『犬が星見た―ロシア旅行』で、読売文学賞を受賞。93(平成5)年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

84
令和の時代に入って、武田百合子の新刊を読むことはないと思っていたが、これは雑誌掲載から再録した対談集。『あの頃』以来、懐かしい女性に再会したような気がするのは、この著者の愛読者なら誰しも思うことだろう。ゲストはすでに鬼籍にはいった深沢七郎、吉行淳之介、岸田今日子、それにいまも健在の金井久美子・美恵子姉妹。5つの対談からは、『富士日記』を読んでいるかのようないくつかの情景が想起される。「山荘の壁に掛かっている麦わら帽子、暖炉のそばに置いてある長靴、夜寝ていると、天井の太い梁に腰掛けて足をぶらぶらさせているよ2020/01/27

もりくに

44
武田百合子さん一家が好きだ。夫の泰淳さんの中国文学への深い造詣に裏打ちされた重厚な「文学」は、若いころ愛読した。娘の花さんの「眠ったような」街を撮ったモノクロの写真は、とても素敵だ。冒頭の写真はもちろん彼女。ご機嫌な百合子さんと、足元に纏わる愛猫。写真に添えられる文章も、さすが二人の愛娘。百合子さんにたどり着くまで言葉を要したが、夫に度々促されて、いやいや書き始めたのが、あの「富士日記」。スゴイ!この本は、百合子さんと気の置けない人達との対談。深沢七郎さんに、金井美恵子姉妹、そして吉行淳之介さん。 (続)2020/02/13

chanvesa

43
富士山荘に向かう道中、道路脇に倒れている男を見て車を停めて、様子を聞こうとする百合子に、泰淳が「そんなことをするおまえがいやだということも入っているし、そんなことはいやだということも入っていたと思う。理由は言わないで、黙って暗い目つき(46~47頁)」で百合子を見た、この箇所が印象的。深沢七郎の「人を助けるとか、お経をあげてご利益があるとか、そんなことにもうなんの意味もないということを、武田先生はよくご存じ(48頁)」ということも納得。2020/03/22

ぞしま

22
口述筆記の描写が興味深い。 金井姉妹との鼎談がよかった。怖いとも言えるかしら。 吉行淳之介との男と女な感じの対談は、時代もあるのか、少しどきどきする。 合間に(亡くなってしまった夫)泰淳の話が差し込まれてくるが、妙な既視感がある。この話法、語り口はよく知っているような気がする。法事で祖母と叔母と母が話すのをきいているような……。 百合子さんはしゃべる、泰淳は黙り、書く、というイメージは百合子さんが意図的に作ったものなのかな。そんな気も少しだけする。2020/03/17

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

15
読んだことのある対談が多かったけれど、こうやって、まとめられているのは有り難い。武田百合子さんの魅力が詰まった1冊。2020/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14622869

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。