死にがいを求めて生きているの

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

死にがいを求めて生きているの

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 473p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120051715
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間に横たわる“歪な真実”とは?毎日の繰り返しに倦んだ看護師、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、目隠しをされた“平成”という時代の闇が露わになる―“平成”を生きる若者たちが背負う自滅と祈りの物語。

著者等紹介

朝井リョウ[アサイリョウ]
1989年岐阜県生まれ。2009年『桐島・部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。11年『チア男子!!』で高校生が選ぶ天竜文学賞、13年『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

誰とも比べなくていい。

そう囁かれたはずの世界は

こんなにも苦しい――


「お前は、価値のある人間なの?」


朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語



植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。
二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?

毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。

交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、
目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。

今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件