自閉症遺伝子―見つからない遺伝子をめぐって

個数:

自閉症遺伝子―見つからない遺伝子をめぐって

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120045288
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C1047

内容説明

自閉症という深刻な疾患の遺伝的背景を出発点に、最新の遺伝医学やバイオ企業について紹介・解説。近年、遺伝子診断は、メディア的にも、法的にも、倫理的にも、話題となることが多い。本書は、自閉症の遺伝子診断検査を開発した医薬品ヴェンチャーと、検査自体の信頼性を問題にした著者との対決の記録でもある。

目次

驚きの記事
遺伝学と精神医学の腐れ縁
証拠に基づいて判断しよう!
自閉症の概観―症状と原因
自閉症を取り巻く環境―治療法
アンテグラジャン社の反撃
思いがけない招待
ゲノミクスの第二の息吹
自閉症の新たな遺伝子
自閉症市場
アンテグラジャン社を再訪
無駄な進歩か
自閉症は遺伝学で解決できるか

著者等紹介

ジョルダン,ベルトラン[ジョルダン,ベルトラン] [Jordan,Bertrand]
1939年、フランスのエヴルー生まれ。分子生物学者。国立科学研究センター(CNRS)の研究部長を務めた。遺伝子およびゲノムをテーマとする学術論文を多数発表。現在、数多くの国際組織のメンバーであり、フランスおよび外国のバイオテクノロジー企業のコンサルタントを務める。一般書も多数あり啓蒙活動にも力を注ぐ

林昌宏[ハヤシマサヒロ]
1965年、愛知県生まれ。立命館大学経済学部卒業。翻訳家として多くの話題作を提供(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

原因遺伝子が特定されないまま、子供が自閉症か診断するキットが市販された。遺伝子ビジネスの実態を科学の目で検証し、警鐘を鳴らす。