中公叢書
吉野作造と中国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784120039423
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1021

出版社内容情報

対華21か条要求、五四運動で揺れる大正時代に、吉野は日中両国の進むべき道を熱く論じた。その主張は今なお貴重な示唆を含んでいる。

目次

序章 いま、なぜ吉野の中国観か
第1章 大器の萌芽
第2章 政治学者としての出発
第3章 中国問題を論じ始める
第4章 袁世凱の野望と失敗
第5章 パリ講和会議と五四運動
第6章 黎明会と日中学生の交流
第7章 明治文化研究に着手
第8章 東大教授を辞す
終章 その後の中国と吉野

著者等紹介

尾崎護[オザキマモル]
1935年(昭和10年)生まれ。58年東京大学法学部卒業後、大蔵省(現・財務省)入省。主税局長、国税庁長官などを経て、92年大蔵事務次官。94年国民金融公庫(99年から国民生活金融公庫)総裁。2002年早稲田大学法学博士号取得、03年から矢崎科学技術振興記念財団理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。