動物の命は人間より軽いのか―世界最先端の動物保護思想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120036538
  • NDC分類 480.79
  • Cコード C0045

出版社内容情報

動物が人間のために犠牲になることは、もはや当たり前のことではない―人間と動物の関係に哲学的考察を加えた衝撃の問題作。

内容説明

動物は、食用からペット、毛皮などの工業製品、実験用に到るまでさまざまに利用され、人間の社会生活に不可欠な存在だが、われわれにその意識があるだろうか。限られた地球を共有する人間と動物の関係に哲学的考察を加えた、動物を真に理解するための最新入門書。

目次

動物への思いやりの第一歩
人間世界のなかの動物たち
救命ボートの中の人間とイヌ―誰が救われ、誰が死ななければならないか?
動物は痛みや苦しみ、不安を感じるか
動物には自意識があるか
動物の権利、動物の福祉
功利主義と動物の利用
オオカミの野生復帰問題―個としての動物と種としての動物
動物園、野生動物テーマパーク、水族館
野生で生きるのはよいことなのか?
食物としての動物
化粧品テストや衣服に動物を利用すべきか
生体解剖は許されるか
未来への鍵―人間中心主義との訣別

著者等紹介

ベコフ,マーク[ベコフ,マーク][Bekoff,Marc]
米コロラド大学生態・進化学部教授(有機体論生物学)。ジェーン・グードル博士が主宰する動物の生存権保護活動「根っこと新芽計画」に参画。現代アメリカで動物の生存権と環境問題をリンクさせて新しい活動を展開している注目の研究者の一人

藤原英司[フジワラエイジ]
慶応義塾大学卒(動物心理学)。国立科学博物館動物学研究部員、常磐大学国際学部教授(地球生物環境論、環境倫理)を経て、環境科学文化研究所所長。エルザ自然保護の会会長。自然保護の啓蒙普及活動により第7回田村賞受賞

辺見栄[ヘンミサカエ]
慶応義塾大学卒。同大学院修士課程修了(アメリカ文学)。環境科学文化研究所調査研究員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはに

19
一艘の舟に人間4人と犬1匹。だれか1人舟から降ろさなければ皆死んでしまうという状況。私はそんな状況ありえないと思うけどほとんどの人が犬を降ろすだろうと筆者は言う。つまり人間と動物に命の重さや価値の違いがあるということ。動物園は昔に比べ整った環境下で飼育されており動物の事を第一に考えている動物園が増えてきたと思う。その他動物の殺処分・狩猟・実験動物・ベジタリアンについてまだまだ多くの課題が残されたままだ。人は食用、毛皮、実験など様々なことで、全世界年間何億もの動物を殺し傷つけている。もちろん人と動物の価値の2015/07/05

Humbaba

6
動物は言葉を発することができない。あるいは、言葉を発していたとしてもそれを人間が正しく理解することはできない。そのため、動物の感情というものを論理的に説明することは難しい。そのような状況においては、出来る限り動物の立場に立ち、動物にとってプラスになる方向で意思決定をする必要がある、という主張。2014/01/14

ののまる

5
人間と同様に、動物に権利を。さいごに訳者が日本の動物に対する扱いの歴史などをまとめてくれています。2023/01/16

K K

5
素晴らしかった!私自身、かなり厳格なベジタリアンで、ここに書かれていることの多くは人生の中で日々感じていましたが、はじめて知る事実も多く衝撃であると同時に無知で残忍な人間に激しい怒りを覚えました。多くの人に知ってほしい。マクドナルドの悪事を暴いたFast Food Nationを読んだ時もそうでしたが、非売行為で少しずつよを変えるしかない。ボディショップ以外で買うのをやめよう。ペットはさらに愛情をかけようと思いました。著者の悲しみとともに、種を超えた愛を感じる一作。2014/10/09

北条ひかり

4
偶然にも4時間44分。大阪府盲人福祉センターと音訳者さんに感謝。人間と人間以外の動物とを対等の存在として考えていこうとする主張。今の日本でもウナギなどを食べ過ぎて種を絶滅させる恐れがあったり、平気でペットを捨てる不心得者がいたり、動物虐待をする人もいるから、こういう考え方もわからないではない。敬虔な仏教徒がいれば殺生はしないし、動物を食することもないわけだけど。とは言え、世界で貧困で苦しむ人が溢れているというのに、日本は飽食で肥満となりダイエットに励んでいたりして、人間同士ですら共感できていない。2016/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/90724
  • ご注意事項