吉村昭昭和の戦争〈1〉開戦前夜に―零式戦闘機 大本営が震えた日ほか

個数:
  • ポイントキャンペーン

吉村昭昭和の戦争〈1〉開戦前夜に―零式戦闘機 大本営が震えた日ほか

  • 吉村 昭【著】
  • 価格 ¥2,700(本体¥2,500)
  • 新潮社(2015/07発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 00時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 639p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106450211
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0393

内容説明

緻密な取材と強靭な文体。私たちは、あの戦争から生まれた。対米戦争に向けて大本営の緊迫は頂点に達し、堀越二郎たちは新たな戦闘機作りに全力を尽くす―。軍隊・戦時用語注付き。

出版社内容情報

戦後70年記念出版。たじろがぬ眼で真実をみつめた戦史小説の金字塔! 綿密な取材をもとに、明晰な筆致で抉り出す“戦争と人間”、その真実の姿――。1巻には、零戦の開発から、その末路までを描く『零式戦闘機』と開戦前夜の緊迫のドキュメント『大本営が震えた日』他、2巻には、巨艦「武蔵」をめぐる人間ドラマ『戦艦武蔵』と軍艦事故に隠された帝国海軍の暗部を描く『陸奥爆沈』他を収録。語注付き。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件