新潮新書<br> 国家の矛盾

個数:
電子版価格 ¥842
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
国家の矛盾

  • ウェブストアに72冊在庫がございます。(2017年12月16日 00時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106107030
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C0231

内容説明

自民党政権はなぜ集団的自衛権の行使容認に踏み切ったのか。日本外交は本当に「対米追従」なのか。外交・安保論議を一貫してリードしてきた自民党の重鎮が舞台裏を明かす。日米同盟と憲法9条に引き裂かれた戦後日本の安全保障論議に「不健全なもの」を感知する国際政治学者が、平和安全法制の「騒動」に見たものとは―。外交・安保の「現場」と「理論」が正面からぶつかり合った異色の対談。

目次

第1章 安全保障の矛盾(安全保障は「確率のゲーム」;戦前の「翼賛勢力」に似ているのはどっち?;「原罪としての敗戦」という考え方 ほか)
第2章 外交の矛盾(「法理」はキープし、「当てはめ」は柔軟に;米軍駐留の必要性と国民感情の相克;対北朝鮮政策に「正解」は存在しない ほか)
第3章 政治の矛盾(小選挙区制が生んだ「政治主導」;「政高党低」か「党高政低」か;筋金入りの平和主義者・河本敏夫 ほか)

著者紹介

高村正彦[コウムラマサヒコ]
1942(昭和17)年生まれ。衆議院議員。自由民主党副総裁。弁護士。外務大臣、防衛大臣、法務大臣などを歴任

三浦瑠麗[ミウラルリ]
1980(昭和55)年生まれ。国際政治学者。東京大学政策ビジョン研究センター講師。株式会社山猫総合研究所代表。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「トランプ時代」の日本の選択とは――。自民党外交族の重鎮に気鋭の政治学者が迫った異色対談。安全保障政策に「完璧な解」はない。日本外交は「対米追従」なのか。「トランプ時代」の日本の選択とは。安全保障論議をリードしてきた自民党外交族の重鎮に気鋭の政治学者が迫った異色対談。

高村 正彦[コウムラ マサヒコ]

三浦 瑠麗[ミウラ ルリ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件