新潮新書<br> 雑巾がけ―小沢一郎という試練

電子版価格 ¥648
  • 電書あり

新潮新書
雑巾がけ―小沢一郎という試練

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106104664
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0231

内容説明

就職先は「小沢一郎事務所」。憧れの政治家の下で働き始めた著者を待っていたのは、今どき珍しい書生生活だった。住まいは四畳エアコンなし、低賃金で睡眠不足、頻繁に落とされる理不尽なカミナリ…この苦行の先には何があったのか。「今の政治家には雑巾がけが足りない」と繰り返す史上最恐の上司、小沢一郎とは何者なのか。過酷な経験をもとに修行生活の意味と独自の「仕える技術」を綴る。

目次

はじめに 「雑巾がけ」が足りない
1 わが「雑巾がけ」の日々(私はチルドレンか;小沢ファンの高校生;書生という人生 ほか)
2 これから修行する人へ(電話を怖がるな;報告の順番を間違えない;物の頼み方、頼まれ方 ほか)
おわりに 「お前も、まだまだだな」

著者等紹介

石川知裕[イシカワトモヒロ]
1973(昭和48)年北海道足寄町生まれ。衆議院議員。早稲田大学商学部卒。約10年間、小沢一郎の秘書を務めたのちに北海道十一区から衆院選出馬。2009年に再選。10年に政治資金規正法違反容疑で逮捕され公判中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

約十年間の修行生活から得た「仕える技術」とは?

史上最恐の上司に仕えて――。憧れの政治家、小沢一郎の下で働き始めた著者を待っていたのは、過酷で理不尽な書生生活だった。約十年間の経験から、修行生活の意味と独自の「仕える技術」を綴る。