新潮新書<br> 江戸歌舞伎役者の“食乱”日記

電子版価格 ¥648
  • 電書あり

新潮新書
江戸歌舞伎役者の“食乱”日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106104473
  • NDC分類 774.28
  • Cコード C0274

内容説明

七代團十郎の鶴雑煮、瀬戸内の海水むすび、松茸出汁の蕎麦、伊勢の舟盛、糸魚川の鯛の潮煮、由比の鱚の蒲焼、五代高麗蔵の牡蛎雑炊…。幕末の名優・三代中村仲蔵の自伝『手前味噌』には、諸国の珍品、名物の記録が数多く遺されている。食べ物だけでなく、東海道から中山道、越後、伊勢、尾道など、旅興行で巡った土地の人情、風俗も活き活きと描写され、江戸時代がいかに豊かだったか実感できる美味しい一冊。

目次

第1章 山の幸(納豆汁―座頭の祝儀と勘違い;雑煮・おせち―仕初の「仲蔵狂乱」で大出来、大出来;焼き竹の子―首と引き換えの美味しさ;蕎麦―松茸の出汁で食べる甲斐、信濃 ほか)
第2章 海の幸(蟹―二代粂三郎に大きな蟹を贈った新肴場;牡蛎―玉子と一緒に雑炊にしてくれた五代高麗蔵;貝―全国津々浦々、日本人は昔からよく食べた;伊勢海老―舟盛の生魚を仲居が目の前で料理 ほか)

著者等紹介

赤坂治績[アカサカチセキ]
1944(昭和19)年山梨県生まれ。演劇評論家・江戸文化研究家。劇団前進座、「演劇界」編集部を経て独立。新聞・雑誌に執筆、テレビ・ラジオへの出演や、文化・教養講座の講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

七代團十郎の鶴雑煮、瀬戸内の海水むすび、松茸出汁の蕎麦、伊勢の舟盛り、糸魚川の潮煮、由比の鱚の蒲焼、五代高麗蔵の牡蠣雑炊……。幕末の名優・三代中村仲蔵の自伝『手前味噌』には、旅興行で巡った諸国の珍品、名物の記録が数多く遺されている。これはまさに、〈食乱〉を自任した食いしん坊・仲蔵をレポーターにした大江戸グルメ案内! 読むほどに、江戸時代の食文化の豊かさが実感できる美味しい一冊。