新潮新書<br> 秘密諜報員ベートーヴェン

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

新潮新書
秘密諜報員ベートーヴェン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106103667
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C0273

出版社内容情報

ベートーヴェンが「不滅の恋人よ」と呼びかける「ラヴ・レター」は、いまだに、誰に宛てて書かれたのか、決定的な証拠はない。この音楽史最大のミステリーに、新説が登場! 実はこの手紙は、1812年の夏、ヨーロッパを巻き込んだ大事件の中で、楽聖が「政治的危機」を友人に伝えるものだったというのだ。果たして真実かトンデモ説か。1枚の手紙から壮大なスケールに広がる歴史絵巻、ここに開幕!

内容説明

ベートーヴェンが「不滅の恋人よ」と呼びかける三通の「ラヴレター」は、いまだに、誰に宛てて書かれたのか、決定的な証拠はない。この音楽史最大のミステリーに、新説が登場!実はこの手紙は、1812年の夏、全ヨーロッパを巻き込んだ大事件の中で、楽聖が「政治的危機」を友人に伝える「暗号」だったというのだ。果たして真説か。3通の手紙から壮大なスケールに広がる歴史絵巻、ここに開幕。

目次

第1章 “不滅の恋人”への手紙とは
第2章 ナポレオンの大陸制度
第3章 ベートーヴェンとブレンターノ家の人々
第4章 一八一二年七月、テプリッツ
第5章 「手紙」の再検証
第6章 大崩壊
第7章 “不滅の恋人”の去ったヨーロッパ
第8章 結論

著者等紹介

古山和男[フルヤマカズオ]
1950(昭和25)年、岐阜県恵那市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。リコーダー演奏家、古楽研究家。専門分野はルネサンス・バロック時代の音楽理論と演奏法、舞踏法。そのほか音楽文化史研究などを幅広く手がける。国立音楽大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

calaf

15
ベートーヴェンの「不滅の恋人への手紙」。存在すら知らなかったのですが、単純なラヴレターであるという従来の仮説に異議を唱えた本。当時の政治・経済状況を考えると、確かにある種の暗号文と考える考え方は、正しい気がする...今後この新しい仮説が世間でどう受け取られていくのか、あるいは拒否されるのか、興味あるところです。(この本の発行から4年弱が経っていますが、現在の状況はどうなのだろう...???)2014/03/24

sun

6
面白い。「不滅の恋人」の手紙の相手が誰か?がいまだに不明なのは知っていたが、この仮説はすごい。細かい政治情勢が書かれており、とても為になる。この仮説への批評を読みたい。2013/11/05

kco

4
2016-6。ベートーヴェンて孤独で偏屈なおじさん、的なイメージがあるけど、実はめちゃめちゃ自由と歓喜を愛するひとなんだなーと。そう思うと色んな曲の説明がつくな。偏屈なだけのおじさんに、あんなに歓喜に満ちた曲は作れないだろう。2016/01/22

Humbaba

4
誰に向かって書かれたのかがわからないラブレター.その相手の候補としては何人か挙げられているが,決定的な証拠はない.それに対する新説として,これが暗号であったという物語を紡いでいる.2010/10/13

Akiro OUED

1
ナポレオンのロシア遠征にベートーヴェンが絡んでくるのが舞台設定として面白い。第五「運命」の出だしの暗さから、自由思想を奉じたというくせ毛の楽聖をイメージするのは、やや戸惑う。だけど、第九の激しい歓喜のコーラスが、まさに失われた自由への渇望を体現するという解釈には、大いに納得。2019/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/595381

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。