新潮新書<br> だから混浴はやめられない

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

新潮新書
だから混浴はやめられない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106102851
  • NDC分類 383.6
  • Cコード C0226

内容説明

混浴と聞けば日本各地はもちろん、アジア、アフリカ、南米まで世界中の温泉地を求めて回る…そんな女性温泉ライターがその醍醐味を紹介する。豊富な体験談、裸のコミュニケーション論、神話に残る温泉発見伝説や興隆を極めた江戸の銭湯事情など―。明治期まで日本人にとって当たり前だった混浴。そこは何より鬱陶しい日常から解放される場であり、人との関わりを学ぶ場であったのだ。失われし風習を今一度。

目次

第1章 そこは恋が始まる場
第2章 主導権を握るのは、やっぱり女性
第3章 失われた原風景を求めて
第4章 良質な湯と豊富な量、そこは理想の温泉郷
第5章 混浴に学ぶ人としての作法
第6章 混浴というセラピー
混浴温泉ベスト50リスト

著者等紹介

山崎まゆみ[ヤマザキマユミ]
新潟県長岡市生まれ。温泉を中心に取材、執筆活動をするフリーライター。テレビなどにも多数出演。2008年、国交省が任命する外国人観光旅行客に日本の魅力を発信する「YOKOSO!JAPAN大使」の一人に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月讀命

56
混浴風呂に行きたい。変な意味でなく著者山崎まゆみさんと一緒に混浴風呂に行きたい。混浴風呂の醍醐味を懇切丁寧に教えてくれる本。混浴風呂は、日本の伝統文化であり、人が裸になりありのままの自分をさらけだすことで円滑なコミュニケーションがうまれ、更には人生の疲れを癒すことができる。進んで混浴風呂に行くべきである。 しかし、現在の多忙な生活と経済状態では、混浴風呂どころか・・・・・温泉宿ですら、なかなか行く機会すらない。 この本を読んで、一度も体験したことない混浴風呂を680円で仮想体験して・・・・・。2011/05/10

manamuse

33
昨夜〜今朝にかけて読了。「YOKOSO!JAPAN大使」の1人に選ばれている著者の「混浴」に特化した温泉論。面白かった〜!私もこの家に越してカイザーと暮らすまでは、自由奔放に国内の秘湯をウロウロしてました。混浴も1人で平気です♪秘湯とは元来、混浴だった。古事記〜江戸時代の湯女の話まで興味深いです。著者と一緒に混浴で語らいたいな〜。2020/08/13

reading

15
混浴のイメージが少しはつかめた。実際に行くとなると、なかなかハードルは高いが。混浴に向いた人、そうでない人がいるのかもしれない。野天風呂には興味がある。2018/10/01

Humbaba

7
男性と女性が一緒に入浴するからこそ,マナーを守る必要がある.そのマナーは,明文化されたものではないかもしれない.しかし,互いに気を使って入浴するのは,この上なく気分の良いものとなる,との主張.2012/08/01

p.ntsk

5
けっして興味本位のオヤジ目線の本ではなく。混浴の歴史、作法、効用、たずさわる人々から混浴に纏わるエピソードなど書かれています。巻末には著者が選ぶ混浴温泉ベスト50リストも掲載。利用するしないは別として混浴にテーマを絞って書かれたユニークな本です。2012/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/426543

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。