新潮新書
大切なことは60字で書ける

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106101007
  • NDC分類 816
  • Cコード C0281

内容説明

美文名文は不要です。日常生活でほんとうに「使える」文章、メッセージが「伝わる」文章を書く秘訣―それは「短く書くこと」です。数多の文章読本を読んで挫折した人でも大丈夫。夏目漱石からジョン・レノン、ファストフード店のマニュアルまでさまざまなテキストを使って「使える」文章の書き方を教えます。読み進めるうちに確実にあなたの文章が「伝わる」ものに生まれ変わります。

目次

メッセージは文章の「核」
積極文と消極文の違いを知る
メッセージを60字にまとめる
ラブレターに学ぶ
積極文の基本
「消極文」は隠れた主役
メッセージを光らせる
好感度メッセージを心がける
数字を味方につける
すべてを語るな〔ほか〕

著者等紹介

高橋昭男[タカハシアキオ]
1936(昭和11)年山形県生まれ。東京電機大学卒業。工業英語翻訳家を経て、「テクニカルライティング」の専門家となり、(株)日立製作所、NTT各研究所などで講座を持つ。東海大学非常勤講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

116
私なんか思ったことなどをすぐ文章にしてしまうので、この本はかなり参考になります。業務などについてはいつも簡潔に何が言いたいのかを明確にしなさいということで、私も常々言ってきたことなのでうなずけるところが多い気がします。会議ではA4版ぺーパー1枚で書くことを訓練させられていました。確かにテクニカル・ライティングという言葉がよくあてはまる気がします。新潮新書でこのような本をよく出したと思います。日経文庫ならわかりますが。2015/11/25

新地学@児童書病発動中

108
実用的な文書の書き方を指南する新書。役立つ助言が多くて、読んで良かった。これからも繰り返し読みたい。自分の伝えたいことをメッセージとして意識する。積極文と消極文の違いを把握する。常に文の順序を意識する。この3つの助言はこれまで考えことがなかったので新鮮だった。積極文とは自分のメッセージが入っている文で、消極文は客観的な情報のように訴えるものがない文のことだ。後半のひな型を意識して文を組み立てる方法も役に立つ。文章の組み立て方のパターンを頭の中に入れておく。美文名文を書く必要はない。分かりやすいことが重要。2018/05/12

さゆゆ

39
60字で文章を書くためには、美しさを捨てないといけません。現実的な文章になります。相手に要点だけを伝える短さ、不快に思わせない気配りが大切です。文章は積極文と消極文という二つのカテゴリーに分けることができ、その前後を使い分けることにより、さらに相手の心に響く文章を作ることができます。…とにかく短くまとめるのは、感想文には向かないですね。400字程度の文章の型を紹介してくれているので、文章を作る練習方法も教えてくれます。2017/05/20

kuri8655

24
〈見出しに気を配る〉〈冒頭の一言で読ませる〉〈最初の部分をやさしく〉仰るとおり、と思います。本書のタイトルもうまい。しかし読み始めて、まず「騙された感」があったし、読み進むほどに(私は、この人のように書きたいとは思わないな…)と感じた。正しいし、特段偉そうでもないけど、こういう口調で講義されたら、だんだん腹が立ってきそう。例文のテーマに興味が持てるものがなかったせいもある。高評価が多く、〈後半のひな型が役に立つ〉とのレビューもあり、何とか読み進めてみたけれど感想は変わらない。私は他の方に師事したい。2018/05/25

としP

19
【㊗️ 600冊読了?】大学の一般教養でやる文章表現の授業みたいな感じ。タイトルの「大切なことは60字でかける」は、本書の数あるテーマの中の一つである。メモがわりにいくつか役立った内容を書き留めておく。①「正確さ」よりも「ふさわしさ」が大切。②見出しに気を配る。③消極文(事実の記述)と積極文(相手への依頼)を使い分ける。2018/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/387333

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。