新潮新書<br> 家庭という病巣

電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
家庭という病巣

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106100505
  • NDC分類 367.3

内容説明

最も身近な存在は、最も危険な存在にもなる。我が子を段ボール箱の中で餓死させた両親、夫を尺八で撲殺した老婆、娘に性的虐待を繰り返した「理想の父親」、妻の身内を殺害した暴力夫…。身内の凶行により、家庭は逃げ場の無い密室と化す。児童虐待、DV、近親姦、高齢者虐待等、増加しつづける家庭内犯罪の実態とは―。加害者、被害者への膨大な取材を通じ、家庭に潜む病巣の正体に迫る。

目次

序章 家庭は密室である
第1章 児童虐待とは何か―愛知幼児餓死事件を追う
第2章 近親姦の闇
第3章 ドメスティック・バイオレンスの現在
第4章 逃げない被害者
第5章 加害者は矯正できるのか
第6章 暴れる子供、耐える親
終章 破れ窓の理論

著者紹介

豊田正義[トヨダマサヨシ]
1966(昭和41)年東京生まれ。ノンフィクションライター