新潮選書<br> 性の進化史―いまヒトの染色体で何が起きているのか

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
性の進化史―いまヒトの染色体で何が起きているのか

  • 松田 洋一【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 新潮社(2018/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月19日 00時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106038273
  • NDC分類 467.3
  • Cコード C0345

出版社内容情報

なぜ性は存在するのか?なぜヒトには雌雄同体がないのか?性転換する生物の目的とは?生き残るため驚くほど多様化した性のかたち。男性はいつか、この地球上から消えてしまうのだろうか? 地球に暮らす175万種類近くの生物には、温度などの環境によって雌雄の比率を変える生物もいれば、性のない生き物すらいる。そもそも、なぜ性は存在するのか? なぜヒトには雌雄同体がないのか? 性転換する生物の目的とは? 命を次世代に継いでいくため、驚くほど多様化させてきた生き物たちの「性」の通史。

松田 洋一[マツダ ヨウイチ]
著・文・その他

内容説明

地球に暮らす175万種類近くの生物には、温度などの環境によって雌雄の比率を変える生物もいれば、性のない生き物すらいる。そもそも、なぜ性は存在するのか?なぜヒトには雌雄同体がないのか?性転換する生物の目的とは?命を次世代に継いでいくため、驚くほど多様化させてきた生き物たちの「性」の通史。

目次

第1章 いまヒトのY染色体で何が起きているのか?
第2章 「性」はなぜ存在するのか
第3章 性決定と性染色体
第4章 性染色体と遺伝
第5章 染色体異常
第6章 「性」はどのようにして決まるのか
第7章 性染色体の進化過程
第8章 性染色体の起源とその多様性
第9章 性染色体のミステリー
第10章 進化の大きな分かれ道
第11章 退化し続けるY染色体
第12章 生殖補助医療と人類の未来

著者等紹介

松田洋一[マツダヨウイチ]
1955年、三重県生れ。名古屋大学大学院生命農学研究科教授。名古屋大学大学院農学研究科修了(農学博士)。科学技術庁放射線医学総合研究所、米国ロズウェルパーク癌研究所研究員、名古屋大学助教授、北海道大学理学研究科教授(理学部附属動物染色体研究施設長)を経て、現職。魚類から哺乳類まで広く脊椎動物を対象として、ゲノム・染色体の進化研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件