新潮選書<br> 中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

新潮選書
中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 15時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106037825
  • NDC分類 338.3
  • Cコード C0333

出版社内容情報

日銀の金融政策はなぜ効かないのか。仮想通貨はなぜお金として機能するのか。「貨幣発行独占なき時代」の新通貨システムを洞察する。

マイナス金利の衝撃! フィンテックの台頭! 新たな通貨戦争が勃発する――。日本銀行の金融政策はなぜ効かなくなったのか? 仮想通貨はなぜお金として機能するようになったのか? 「金利付き貨幣」の出現は、経済の仕組みをどう変えるのか? 日銀を飛び出した異能の経済学者が、「貨幣発行独占」崩壊後の新しい通貨システムを洞察する。マイナス成長がもたらす大格差時代を生き抜くための必読書。

内容説明

日本銀行の金融政策はなぜ効かないのか。マイナス金利の限界はどこにあるのか。フィンテックはマネーの流れをどう変えるのか。「貨幣発行独占」後の中央銀行に残された役割とは何か。日銀を飛び出した経済学者が、ビットコイン等の仮想通貨の仕組みをわかりやすく解説し、マイナス成長と大格差時代を生き抜くための新たな通貨システムを提唱する。

目次

第1章 協調の風景―良いが悪いに、悪いが良いに(協調か競争か;戻ってきた流動性の罠;閉じた選択肢の前で)
第2章 来訪者ビットコイン―枯れた技術とコロンブスの卵(ビットコインの要素技術;コロンブスの卵はどこか)
第3章 ビットコインたちの今と未来―それはどこまで通貨になれるか(ビットコインからビットコインたちへ;それはどこまで通貨になれるか)
第4章 対立の時代の中央銀行―行き詰る金融政策とゲゼルの魔法のオカネ(中央銀行は成長とともに生まれた;金融政策は使命か重荷か;ゲゼルの魔法のオカネ)
第5章 中央銀行は終わるのだろうか―ビットコインから見えてくる通貨の未来(ビットコインから何が見えるか;通貨独占発行権は必要か;再びハイエク)

著者等紹介

岩村充[イワムラミツル]
1950年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。日本銀行企画局兼信用機構局参事を経て、1998年より早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

123
元日銀マンによる、仮想通貨についての評論集です。私などからするとまだまだ仮想通貨の時代は来ないのではないかと思いますが、中国当たりではビットコインの需要が多いようですね。この本では、金融政策についてケインズやハイエクを引き合いに出して比較的わかりやすく最近の金融政策の状況などを説明されています。ビットコインというよりも、もう少し小さな枠内(メガバンクグループ内での)での個別通貨が出るかもしれません。ブロックチェーンはさまざまな役に立ちそうな気はします。2017/01/13

Willie the Wildcat

42
独占”企業”の終焉?著者提起の「デジタル銀行券」はもちろんだが、規制国家日本の場合は、法で縛ることもあり得る。結果、中央銀行の終焉はもとより役割にも変化はなく、金融政策のカードが増えただけのような気がする。「流動性の罠」の件に納得感。一方、”通貨”の概念は腹に落ちない。仕組みと制度で縛ることで、ビットオインやアルトコインなどの可能性、本質的な何かを失う印象。銀行券とみるか、それとも証券とみるかという論点。故にPOWの価値源泉議論となっていないだろうか・・・。但し、”尺度”は不変であり同感。2016/12/12

にゅ

15
なかなか難しくて100%は理解できなかったが、この本は読んで良かった。筆者は日銀出身で中央銀行の話がメインだが、暗号通貨の事も中立的な立ち位置から掘り下げており大変参考になる。「ビットコインの価値の源泉はマイニングにかかった電力」など、皆が薄々気付きつつも案外多くの本で触れられていないことについて、しっかり説明しているので大変ありがたい。POW貨幣は創造にコストがかかる→信用貨幣のデジタル日本円などが出てきたらコスパ負けする可能性。などにも言及。巷に溢れる浮ついたビットコインマンセー本とは一線を画している2021/07/17

さっちん@顔面書評

13
ビットコインの仕組みと仮想通貨の可能性について書かれた本です。 難しいと感じる部分を飛ばして読めば良い本だと思います。 私はこの本を読んで複数の仮想通貨の積立を始めました!2018/05/15

koji

12
著者は、本書を書いていた時は、日銀のマイナス金利は「まあないだろう」と無視を決め込んでいたそうです。それがサプライズ。著者も慌てたようですね。さて、本書の主張は、「中央銀行がなければ」という思考実験を行い、仮想通貨により「決済手段」と「価値保蔵手段」を中央銀行の独占から奪い取ることまでいきつきますが、所謂ショックアブソーバーとしての役割は担えない、そこに日銀の役割が残るというものです。納得できました。又ビットコインの技術的側面は十分に理解できませんでしたが、「ゲゼルの魔法のオカネ」は分かり易い比喩でした。2016/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10643971

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。