新潮選書<br> 日本古代史をいかに学ぶか

電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
日本古代史をいかに学ぶか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106037559
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0321

出版社内容情報

歴史を学ぶとは史実や年号を暗記することではなく、過去の人々の息遣いを感じること――。斯界の泰斗による「生ける古代学」の勧め。

斯界の泰斗が伝える「生ける古代学」、真の魅力。「これは後学への私の遺言である」――歴史を学ぶとは、史実や年号を暗記したり文献を漁ることではない。過去の人々の息遣いを感じ、喜び、悲しみを共に味わい、それを現在の自分たちの生活の中に生かし、未来を展望することである―― 。折口信夫、西田直二郎に学び、爾来六十余年、「生きた歴史学」を目指し続けた著者が自らの研究史を振り返り、その真髄を伝授する。

内容説明

歴史を学ぶとは、史実や年号、人物を暗記したり、研究室に閉じこもり文献を漁ることではない。過去の人々の息遣いを感じ、喜び、悲しみを共に味わい、それを現在の自分たちの生活の中に生かし、未来を展望することである―。折口信夫、西田直二郎に学び、爾来六十余年、斯界の泰斗が伝える「生ける古代学」、真の魅力。

目次

はじめの章 古代学をめざして
第1章 文書と記録の活用
第2章 木簡・金石文に学ぶ
第3章 遺跡と史料の対応
第4章 口頭伝承の内実
第5章 折口古代学の発展的継承
第6章 歴史のみかたの再検討

著者等紹介

上田正昭[ウエダマサアキ]
1927年、兵庫県生まれ。歴史学者。専門は古代史、神話学。京都大学文学部卒業。京都大学名誉教授、世界人権問題研究センター理事長、高麗美術館館長、島根県立古代出雲歴史博物館名誉館長。勲二等瑞宝章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

14
著者は東アジアを視野に日本古代史を研究し「渡来人」という言葉を教科書に定着させた碩学。そんな著者が自分の研究史を振り返りながら古代史における史料との向き合い方を伝える入門書、というにはがっつり著者の問題意識と取り組んでいて遺著と言いながらまだエネルギーをびしばし感じる一冊となっている。折口信夫の直弟子ということもあり今の古代史研究の見地からその問題意識を批判的に受け継ぎ、多くの古代史学の偉人の説と真正面から取り組んで今に通じる論点を導き出すという点においてこれ自体が生きた古代史研究史の結晶なのかもしれない2020/11/24

さとうしん

3
日本古代史学入門というよりは、著者による研究史の回顧という側面の方が強い。(期待した出口王仁三郎との関係についてはまったく言及されていないが……)著者が強い影響を受けたとして挙げる人物の一人に折口信夫がいるが、折口信夫の学問というのは、日本古代史の分野においても非常に扱いが難しいというか、扱いに困っているのだなと感じた。あとは、京大在学中に貝塚茂樹と三品彰英の講義も受けたというのが興味深いところ。2016/03/27

check2012

3
いろいろな日本史の課題、疑問点が、 しっかり書かれていて、大変共感を得ました。柳田国男、折口信夫、平田篤胤など、取り組みたくなりました。2015/01/11

mimm

2
米寿を迎えた著者様の「いかに日本古代史を学んできたか」と、おのれの研究史を顧みる一冊。 戦中・後を経験された歴史学者さんの熱量のすごさに圧倒。古代史は、他国も含めグローバルに見ていかなくちゃと、改めて思う内容でした。2017/03/06

HMax

2
国粋主義ではなく、反日でもなく、純粋に学問としてこれまで研究されてこられた内容が素人にも分かりやすく説明されており、大変興味深く、楽しく読むことが出来ました。2000年以上の歴史を持ち、異民族に侵されることなく続く、世界でも稀な日本。 失われた20年なんて、1000年企業を読んで克服しましょう。2015/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8242867

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。