新潮選書<br> 西行と清盛―時代を拓いた二人

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
西行と清盛―時代を拓いた二人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 378p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036927
  • NDC分類 911.142
  • Cコード C0395

出版社内容情報

一一一八年生まれの二人の男──中世を代表する歌僧と武士は十二世紀の日本をいかに生き、新たな時代をどう拓いたのか? 中世史研究の泰斗、渾身の書下ろし。

内容説明

1118年生まれの二人の男。片や二十三歳で出家し、中世を代表する歌僧となって往生し、片や十代から出世街道をひた走り、武者の世の栄華を極めたすえに滅亡した。文と武、聖と俗―いかにも対照的な彼らは十二世紀の日本をいかに生き、新たな時代の文化と政治をどう拓こうとしたのか?中世史研究の泰斗、渾身の書き下ろし七〇〇枚。

目次

第1章 武士の歩む道
第2章 遁世の営み―二十代の旅立ち
第3章 奥州と厳島
第4章 高野参籠―三十代の決断
第5章 世の中の大事
第6章 アナタコナタ―充実の四十代
第7章 讃岐の聖と福原の入道
第8章 接近する二人―五十代の挑戦
第9章 勧進とクーデター
第10章 武者のおこり―六十代の別れ
第11章 願はくは

著者等紹介

五味文彦[ゴミフミヒコ]
1946年生まれ。東京大学文学部教授を経て、放送大学教授。東大名誉教授。『中世のことばと絵』でサントリー学芸賞を、『書物の中世史』で角川源義賞を受賞し、以後、日本中世史研究をリードして来た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。