新潮選書
「3」の発想―数学教育に欠けているもの

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036514
  • NDC分類 410.4
  • Cコード C0341

内容説明

数学の世界では、「3」の発想を会得すれば、それ以上の数の事象についても応用によって解けるケースが多い。ティッシュペーパーやドミノ倒しの原理、オモリを使った計測法、3項計算、三段論法、作況指数とジニ係数など、分かりやすい例を挙げ、いかに「3」を学ぶことが重要かを説く。「ゆとり教育」で損なわれた「考える数学力」が本書で身につく。

目次

第1章 つながっていく性質を持つ「3」(ティッシュペーパーとドミノ倒し;あみだくじをどう教える? ほか)
第2章 「3」が要となる世界(ジャンケンはなぜ「3すくみ」なのか;なぜ三角形の学習が必要なのか ほか)
第3章 関係を定める時に必要な「3」(「2項計算より3項計算」の理由;二人三脚と三つ編 ほか)
第4章 現象の特徴を表わすことができる「3」(作況指数とジニ係数;アナログ型の数字では「上位3桁」が重要 ほか)

著者等紹介

芳沢光雄[ヨシザワミツオ]
1953年東京生まれ。理学博士。学習院大学理学部数学科卒。東京理科大学理学部教授を経て、桜美林大学リベラルアーツ学群教授。専門は数学・数学教育。「思考できる力」に重きを置いた算数・数学教育が子供たちの創造性には必要であると訴え続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

nutts

2
ものの本質を掴むには、3つの要素を取り出して、その相互の関係性について考察することが不可欠。ところが数学の授業ではなぜか2要素までしか扱われず、単なる計算作業ばかりを教わるためにこうした思考が育まれず、数学嫌いを増やし、思考力低下を招くと警告。あみだくじやハノイの塔から三段論法、ジニ計数に至る豊富な例だけでなく、微積分や指数・対数なども妥協なしに取り上げられる。三慧の発想には学ぶところがあるなぁ。「三人の旅人たち」を思い出した。2012/12/16

アヴォカド

2
三位一体、3すくみ、三脚、三角測量、三段論法、二人三脚、3K、3高…。 なぜ3なのだろう?と、最近「3」が気になっていて読んでみた。本書はあくまで数学教育の観点からのアプローチだけれど、ドミノ倒しを例にあげての、1と2だけでは完結してしまうものが、3について考えることで、それ以上の数に応用して発展させていくことが出来る、と言うのは、なんかヒントになるな。2012/02/11

ドッグマスター

2
なるほどねぇと思うこと多数。常に3パターン以上を考えつくようにしよう。2011/05/17

itchy1976

2
若干思いが先行して強すぎると思うけど、よんでいてなるほどだと思う。特に第1章に関してはそうだと思う。2つだと応用が利かないが、3つだと他の数でも応用がきくというのはそうだろうと思う。ただ、第4章は、若干とってつけたような気がするな。http://blog.goo.ne.jp/itchy1976/e/d3c740844f6ac797773708ddd2e558252010/06/19

せいや

1
この本を読むと、「3」という数字が、「2」までの閉塞から解放し、無限への入り口のような役割を担っているような感覚を覚える。 2まででは見えてこなかったあらゆるものが、3の登場で明瞭になってくるといったことが、あらゆる具体例と共に紹介されており、数学の教育者としては目から鱗だった。2021/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/476956

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。