新潮選書<br> ダンディズムの系譜―男が憧れた男たち

個数:

新潮選書
ダンディズムの系譜―男が憧れた男たち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年06月26日 07時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036309
  • NDC分類 383.14

内容説明

顰蹙を買う反逆の徒が、なぜ「男の理想」となったのか?華麗な装い、大胆な立ち居振る舞い、事に臨む態度で、氏素性に関係なく周囲をひれ伏させる男がいた。「ナポレオン(英雄)になるよりも、ブランメル(ダンディの祖)になりたい」と詩人バイロンにいわしめた、絶対的な魅力の正体とは?時代ごとのカリスマ、理想の男たちのまばゆい系譜と「愛され力」を、気鋭のファッションジャーナリストが徹底解剖する。

目次

第1部 ダンディズム誕生前夜(ジェントルマン、その源流と残滓)
第2部 ダンディズム列伝―その栄枯盛衰(ダンディズムは進化する;ダンディズムの祖にして絶対神、ボー・ブランメル;ブラックフォーマルを創造したダンディ、リットン卿;ハンディをダンディズムで押しのけた文人宰相、ディズレイリ ほか)
第3部 現代のダンディズム像(ダンディズムの再定義;二十一世紀のダンディ;混迷する現代において、変わりゆく男性像;日本におけるダンディズム)

著者紹介

中野香織[ナカノカオリ]
1962年生まれ。東京大学文学部および教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得。英国ケンブリッジ大学客員研究員などを経て、文筆業に。新聞、雑誌、ウェブマガジンなど多媒体において連載記事を執筆。2008年より明治大学国際日本学部特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)