新潮選書<br> ダンディズムの系譜―男が憧れた男たち

個数:

新潮選書
ダンディズムの系譜―男が憧れた男たち

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月26日 11時45分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036309
  • NDC分類 383.14
  • Cコード C0377

内容説明

顰蹙を買う反逆の徒が、なぜ「男の理想」となったのか?華麗な装い、大胆な立ち居振る舞い、事に臨む態度で、氏素性に関係なく周囲をひれ伏させる男がいた。「ナポレオン(英雄)になるよりも、ブランメル(ダンディの祖)になりたい」と詩人バイロンにいわしめた、絶対的な魅力の正体とは?時代ごとのカリスマ、理想の男たちのまばゆい系譜と「愛され力」を、気鋭のファッションジャーナリストが徹底解剖する。

目次

第1部 ダンディズム誕生前夜(ジェントルマン、その源流と残滓)
第2部 ダンディズム列伝―その栄枯盛衰(ダンディズムは進化する;ダンディズムの祖にして絶対神、ボー・ブランメル;ブラックフォーマルを創造したダンディ、リットン卿;ハンディをダンディズムで押しのけた文人宰相、ディズレイリ ほか)
第3部 現代のダンディズム像(ダンディズムの再定義;二十一世紀のダンディ;混迷する現代において、変わりゆく男性像;日本におけるダンディズム)

著者等紹介

中野香織[ナカノカオリ]
1962年生まれ。東京大学文学部および教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得。英国ケンブリッジ大学客員研究員などを経て、文筆業に。新聞、雑誌、ウェブマガジンなど多媒体において連載記事を執筆。2008年より明治大学国際日本学部特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

noémi

3
女性ながら筆者の男前な文章がさわやか。ダンディズムはなにか?とはそもそも愚問であって、「これこれこうである」と定義する、いわゆる教条主義と正反対なものであるそうな。ダンディには世間の同調圧力に負けない、反骨の精神が必要らしい。ダンディの開祖のボー・ブランメルは有名だが、フランス人のドルセイの存在は知らなかった。同じダンディでもドルセイはブランメルの趣味や行動とは真逆であるのは面白い。さりげなさを装うことがダンディズムの真髄なのだが、努力のあまりわざとらしくなるというパラドックスに陥るのが曲者である。2011/08/28

ルンブマ

2
ダンディズムとは何か。最初から完璧に何もかも揃っていて、ひねりもなくスマートに王道をいく男を、本来のダンディとは呼ばない。著者によれば、世間からマイナス視されるような価値を、殊更大声で論じ立てることなく、プラスに転じて見せるような皮肉なひねり・複雑さがそこには必要であるという。では真なるダンディズムとは何か。著者はそれを、「時代の趨勢に流されず、孤独に抵抗し続け、破滅も辞さぬ、愚かしい男」、2021/09/13

ハヤカワショボ夫

1
今まで読んできた中野氏の本でダンディズムが体系づけられ纏められた本。先ずジェントルマンが基礎で自己愛から発生する快楽主義とします。時代によって揺れ動くジェントルマンの定義を相対的にダンディズムとし、それは社会と対峙する「個」の中に存在します。ダンディズムを表現してきた男たちの歴史を過去~現代に紹介し、更にこれからそして日本のダンディズムについて検証しています。屈折と矛盾を内包し見栄っ張りで、抵抗する「個」であることと分かりました。グローバル化や横並びの日本にあってこんな人は中々珍しいですね。【家】★★★★2016/01/21

小倉あずき

1
『スーツの神話』から一気読み。若輩の私が言うのもなんだが、ダンディズムに青春を捧げた中野さんの豊穣を見た気がする2013/11/12

おばけりんご

1
題名に惹かれて読んでみました。ダンディズムって日本語では表現できない言葉なんだと実感しました。ジェントルマンとも違うし男前ともカブキ者とも違うし、概念としては一代限りの男の人の生き方みたいなものなのでしょうか。感覚的なものなんですね。筆者が女性なのでとても細やかに書かれていて読みやすかったです。確かに横並びで他人の顔色をうかがい、知識や教養をばかにする日本においては必要のない概念なのだなと実感しました。とても面白かったので、他の著書も読んでみたいと思います。2012/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/420378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。