新潮選書
年をとって、初めてわかること

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784106036125
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0395

内容説明

老いがもたらすものは喪失と寂寥ばかり?いや、老いたからこそ知る自己発見の驚き、人と分かち合う喜びが、そこにある。心と体。エロス。孤独。共生。愉しみ。看取り―思いもよらなかった「老い」の豊饒な世界を、斎藤茂吉『白き山』から青山七恵『ひとり日和』まで、名作文学のなかにしみじみと読み味わう。いまこそ、この作品を読もう。

目次

第1章 老いの自覚
第2章 老いと欲望
第3章 老いの情念
第4章 女の老い・男の老い
第5章 老いとエロス
第6章 老若の共生
第7章 老いの価値
第8章 老いの美学
第9章 老いと看とり
第10章 老いの聖性

著者等紹介

立川昭二[タツカワショウジ]
1927年生まれ。早稲田大学文学部史学科卒業。北里大学名誉教授。歴史家。とくに文化史・心性史の視座から生老病死を追究。1980年『歴史紀行・死の風景』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アナクマ

29
老年のさまざまな有り様、智慧について、日本文学から紐解くエッセイ。また、高齢社会のピークに向かってひた走る老齢日本のための穏やかなブックガイド。幾つか手に取りたいものがありました(ネタバレあり)。◉この世に必要なことは、きたないものをきたないゴミにしておくよりもきれいな石に光らせる心や。◉読後、一人ひとり別々の、違う老年が準備されているのだろうな、と思いましたし、思いたくありました(生きた軌跡の多様性がもたらす豊穣な世界を希望)。「老年になっても未知領域がある」を福音として生きよう。2019/08/27

よっちゃん

0
若くして心得ていると、老いが楽しくなるのでは。2009/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/247739

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。