新潮選書
逆立ち日本論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106035784
  • NDC分類 304
  • Cコード C0395

出版社内容情報

「下流志向」で話題の内田樹と「日本の知の巨人」養老孟司――風狂の二人による経論問答。泊りがけになるほど白熱した議論が一冊に。寝技、立ち技、炸裂!

内容説明

『下流志向』の内田樹と日本の知恵袋、養老孟司が火花を散らす。「ユダヤ人問題」を語るはずが、ついには泊りがけで丁々発止の議論に。それぞれの身体論、アメリカ論、「正しい日本語」、全共闘への執着など、その風狂が炸裂し、日本が浮き彫りになる。なぜこんなに笑えるのか。養老は「“高級”漫才」とこの対談を評した。脳内がでんぐり返る一冊。

目次

第1章 われわれはおばさんである
第2章 新・日本人とユダヤ人
第3章 日本の裏側
第4章 溶けていく世界
第5章 蒟蒻問答主義
第6章 間違いだらけの日本語論
第7章 全共闘の言い分
第8章 随処に主となる

著者等紹介

養老孟司[ヨウロウタケシ]
1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。95年、東京大学医学部教授を退官し、同大学名誉教授に。89年、『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞

内田樹[ウチダタツル]
1950年、東京都生まれ。東京大学文学部卒。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。同大学助手を経て、神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Syo

31
日本人とユダヤ人。 福沢諭吉は全共闘。 まぁ、あんまり 面白くは ないけれど。2019/09/26

魚京童!

29
随所に主と作れば、立処皆真なり2014/02/13

mm

25
デリケートなテーマや、深い話もしてるけど、会話の端々でオチをつけたり、愚痴って笑いをとったり、言い方変えるとこんなものになりますね〜という言い換えのセンスが上手いので、するすると読んでしまう。養老さんはこの対談を「高級漫才」と評したとか。。ひとつ覚えておこう。ユダヤ教の世界の始まりは、神が世界を創造するのではなく、神が自己収縮して場所を開けてくれたから、そこに人間が入り込んだ。自分の居場所というのは、誰か先に居たのだが、退いてくれたから居場所が得られた。この「遅れ」を常に意識しているのが、ユダヤ的。2018/09/30

ゆいまーる

24
信号は、人間が安全に横断するためにある装置ですから、安全に横断できるということがわかっている状況で信号に従う必要はない。その装置や制度はそもそも何のためにあるのかを問わないといけないです。2013/05/31

angelooo7

20
「反ユダヤ主義」「有責性」「フランクルとナチ」「小泉純一郎当たり前の政治家」「総長賭博」「成熟とアメリカ」「対偶から考える」など気になる話題が豊富で消化しきれない。二人の言っていることを自分の中で詰めていきたい。2015/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/106551

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。