新潮選書<br> 痛みと身体の心理学

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

新潮選書
痛みと身体の心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 363p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106035388
  • NDC分類 140.4
  • Cコード C0311

内容説明

痛む身体は私たちに何を伝えようとしているのか?痛みを大切に味わうと、気付かなかった自分が見えてくる―それは、たとえば人間関係にどんなふうに関わってくるのか、病や死を前にどんなことが起こってくるのか。他者とのつながりから老いと死の問題まで、身体と「夢」を手がかりに「心身の闇」と向き合うプロセス指向心理学の知恵。自分をより深く知るためのセルフ・ワークも収録。

目次

第1章 身体と夢の不思議な関係(ドリームボディとは何か;身体の見る夢 ほか)
第2章 痛みが教えてくれること(痛みの「創り手」と「犠牲者」;身体症状という物語を生きる―「カエルの王さま」のハインリッヒ ほか)
第3章 人間関係とドリームボディ(ドリーム・アップ―夢の力;夢身体から夢物体へ ほか)
第4章 死のプロセスを生きる(神話的身体と個人的な神話;昏睡状態への働きかけ ほか)
第5章 ワールド・ワークの体験(「場」を癒すフィールド・ワーク;役割(ロール)と見えない役割(ゴースト・ロール) ほか)

著者等紹介

藤見幸雄[フジミユキオ]
1961年生まれ。ニューヨーク州立大学人類学部卒業。トランスパーソナル心理学研究所に学び、修士課程修了。A・ミンデルが創始したプロセス指向心理学のプロセス・ワーカーの資格を取得。臨床心理士として、東京で心理面接室を開業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

madofrapunzel

1
★★★★★ 非常に優れた一臨床心理学の書物だと思う。プロセス指向心理学者であるミンデルという臨床医がドリームボディという独自の概念を用いて体系化させたPOPの日本発概説書みたいです。至る所、筆者の学問的横断性の広さが垣間見られ、実践面にも充分に配慮したスグレモノだと思います(^o^)2012/01/29

寅ちゃん

0
マインドフルネスとはまた違う観点だ。夢と結びつけたり、イメージに持っていくのは少し自分のなかで違う、必要としてないと感じた。ただ、痛みや身体には、自分が気づいてない、または気づかないふりをしてるメッセージがある、ということは同意する。2020/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/134495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。