• ポイントキャンペーン

ウェクスラー家の選択―遺伝子診断と向きあった家族

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 361p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784105434014
  • NDC分類 936

内容説明

母は不治の遺伝性疾患、ハンチントン病と診断された。私たち家族は母の余命が残り少なくなるなか、ハンチントン病の解明をめざして研究プロジェクトを立ち上げ、ついに原因遺伝子を突き止める。しかし、発病の可能性がわかる「遺伝子診断」という苛酷な現実が新たに待ち受けていた。ゲノムの世紀、家族の行動と葛藤を描くノンフィクション。

目次

あの病気:はじめに
疑惑の身体(ウッズホールから;静かな患者たち;一九六八年;舞踏病の悪夢)
舞踏病の物語(ネッダと希望;ハリウッドとスモッグにまかれて;「ハンチントン病らしさ」のテスト;二重の死)
読み誤りの地図(ゲノムによる華麗な飛躍;悲しき熱帯;マーカーを追って;運命の検査)
遺伝子の行き着くところ(最重要の情報;遺伝子発見から発症前診断へ)

著者紹介

ウェクスラー,アリス[ウェクスラー,アリス][Wexler,Alice]
1942年生まれ。インディアナ大学で歴史学(ラテン・アメリカ史)の博士号を取得。カリフォルニア州ソノマ大学で教鞭をとった後、1980年代より執筆活動を始める。UCLA女性学研究所研究員、遺伝病財団常任理事

武藤香織[ムトウカオリ]
1970年生まれ。専門は社会学。慶応義塾大学卒業後、東京大学にて博士号(保健学)取得。米国ブラウン大学ポスドク研究員を経て、現在は信州大学医学部保健学科講師。日本ハンチントン病ネットワーク共同代表

額賀淑郎[ヌカガヨシオ]
1966年生まれ。国際基督教大学卒業後、カナダのマッギル大学にて博士号(医療社会学)を取得。東京大学客員研究員、コーネル大学ポスドク研究員を経て、現在はマックスプランク研究所ポスドク研究員

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件