伊丹十三の映画

個数:
  • ポイントキャンペーン

伊丹十三の映画

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 19時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784104749027
  • NDC分類 778.21

内容説明

映画監督デビューは1984年、51歳のときだった。デザイナー、俳優、エッセイスト…様々な分野で超一流の仕事を残してきた才能を惜しみなく注ぎ込み完成したのが10本の映画だった。それらは、観客動員を誇るエンターテインメントであり、同時に卓越した日本人論でもあった。1997年に世を去って10年。伊丹映画を支えた役者やスタッフが熱い思いで初めて明かす、映画監督伊丹十三の真実。

目次

interview1 伊丹映画はこうして始まった―伊丹プロダクション社長・玉置泰インタビュー
interview2 屋台骨!伊丹映画を支えたベテランたち―俳優インタビュー1
interview3 大抜擢!伊丹映画から飛び出したスターたち―俳優インタビュー2
interview4 伊丹映画を支えた熟練たち―スタッフインタビュー1
interview5 伊丹映画の細部へのこだわりを実現させた人々―スタッフインタビュー2
table talk われら伊丹組助監督!「伊丹組」助監督座談会―監督・伊丹十三の望みに応えるのが醍醐味だった。
interview6 異業種からの才能が伊丹映画を分厚くリアルにした―スタッフインタビュー3
review 伊丹映画とはなんだったのか―岸田秀による「伊丹映画」論
interview7 事務方だって大変だ!―スタッフインタビュー4
interview8 伊丹十三ロングインタビュー―われわれは映画を半分しか作れない

出版社内容情報

「お葬式」「マルサの女」などのヒット映画は、どのようにして作られたのか?
◎ノンフィクション作家を凌ぐ取材調査。
◎ハリウッド映画文法を徹底分析した知性。
◎不要なト書きのない完璧な台本。
◎カメラアングルをモニターで確認する新手法。
◎台詞の言い替えを許さない演出。
◎小道具、衣装へのこだわり。
◎特撮への挑戦。
51歳で満を持して映画監督になった伊丹十三が、役者、スタッフ、関係者の熱い証言で蘇る。