星新一―一〇〇一話をつくった人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 571p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104598021
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

『ボッコちゃん』『ようこそ地球さん』『人民は弱し 官吏は強し』…文庫の発行部数は三千万部を超え、いまなお愛読されつづける星新一。一〇〇一編のショートショートでネット社会の出現、臓器移植の問題性など「未来」を予見した小説家には封印された「過去」があった。関係者百三十四人への取材と膨大な遺品から謎に満ちた実像に迫る決定版評伝。

目次

帽子
パッカードと骸骨
熔けた鉄澄んだ空
解放の時代
空白の六年間
円盤と宝石
ボッコちゃん
バイロン卿の夢
思索販売業
あのころの未来
頭の大きなロボット
カウントダウン一〇〇一編
東京に原爆を!

著者等紹介

最相葉月[サイショウハズキ]
1963年生まれ。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、教育などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

製薬会社の御曹司として生まれた星親一は、なぜ小説家星新一となったのか。関係者百三十人への取材と厖大な遺品から、苦渋に満ちた生涯をたどる傑作評伝!