昭和の子供だ君たちも

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

昭和の子供だ君たちも

  • 坪内 祐三【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 新潮社(2014/01発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 90pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104281046
  • NDC分類 361.64
  • Cコード C0095

内容説明

世代は歴史。昭和ひとケタから、団塊、新人類、ゆとり世代まで。世代の網を精緻にたどり、「昭和の精神史」を描く長編評論。

目次

世代を語ることは歴史を語ること
『仁義なき戦い 広島死闘篇』における山中正治と大友勝利の対照性について
“予科練帰り”の人たち
六全協の決定に一番ショックを受けた世代は
六〇年安保のあとでベストセラー、ロングセラーとなった『されど、われらが日々―』とそれに反発した同世代人
「その状況を」「よく捉えていた」大江健三郎の『われらの時代』
これがおれたちの時代だ、と『われらの時代』の靖男は言う
「新しい次元」に時代がすべり込んでいった昭和三十一年
昭和十二年(及び昭和十三年早生まれ)の人たちの世代とは
「六全協」を知らない若者たちが六〇年安保闘争の中心だった
六〇年安保の新人類から二十年後の本当の新人類たち
シラケ世代そしてモラトリアム世代と呼ばれた「最後の旧人類」
「シラケ世代」の高卒選手たちはなぜプロ野球ですぐには活躍出来なかったのか
第一次オタク世代が今の日本文化を先導する
団塊、全共闘、そして安中派
昭和二十五年生まれ、昭和二十六年生まれ、そして昭和二十七年生まれ
DCブランドブームそして日本語ロックの大ブレイクを生み出した世代
最後の「昭和の子供」たちは誰か?

著者等紹介

坪内祐三[ツボウチユウゾウ]
1958年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。「東京人」編集部を経て、コラム、書評、評論など執筆活動を始める。『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』で第十七回講談社エッセイ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世代を語ることはすなわち歴史を知ること――。戦争体験、団塊・全共闘、新人類など、世代から昭和という時代を考える長篇評論。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件