なんにもないところから芸術がはじまる

個数:
  • ポイントキャンペーン

なんにもないところから芸術がはじまる

  • 椹木 野衣【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 新潮社(2007/07発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 17時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 262,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104214020
  • NDC分類 704

内容説明

『日本・現代・美術』の著者が、モダン・アートの最先端を挑発する批評の冒険。

目次

希望のための、ささやかなテロ、のようなもの
K.K.の密室
「うまい」ことの煉獄
血染めのウィーン観光案内
火の山の麓で―三松正夫と昭和新山
バリ島、幽体離脱的文化ガイド
榎忠と「半刈り」の世界
真昼の星空、ラジオと彗星
二〇世紀の大きな振り子
文化における岩盤の露呈について
大竹伸朗―寒さと残酷さからなる響きのブルース

著者紹介

椹木野衣[サワラギノイ]
美術評論家。1962年秩父市生まれ。同志社大学文学部文化学科を卒業後、東京を拠点に批評活動を始める。多摩美術大学美術学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大竹伸朗の「貧者の栄光」、飴屋法水が24日間いた「暗室」、会田誠の絶妙な「へたウマ」、榎忠の「半刈り」――現代アートの最先端を挑発する批評の冒険!