• ポイントキャンペーン

介護現場は、なぜ辛いのか―特養老人ホームの終わらない日常

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104083046
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0095

内容説明

時間に追われ苛立つスタッフ、荒っぽい介護、低下するモラル。職員も入居者も、心をすり減らす24時間…。ヘルパー2級を取得し、時給850円で働いた作家が実感した「老いの現場」の苦闘、高齢者の本音、垣間見える人生の断面、そして希望の可能性。人は介護を受けるために生きているのではなく、生きるために介護を受けるのだ―。介護のいまを考え直すノンフィクション。

目次

序章 扉が開いて
第1章 「混沌」への招待
第2章 強ストレス職場の日々
第3章 「高齢」という現実
第4章 真夏の夜の夢
第5章 モラルハザードのはざまで
第6章 出られない人たち
終章 せめてもの未来を

著者等紹介

本岡類[モトオカルイ]
1951年生まれ。早稲田大学卒業後出版社に入社。81年「歪んだ駒跡」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。取材をもとにした多くのエンターテインメント作品を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

その施設は、信頼できそうに見えたのだが……。終の棲家の知られざる現実。
苛立つスタッフ、荒っぽい介護、低下するモラル。職員も入居者も、心をすり減らす24時間……。ヘルパー2級を取得、時給850円で働いた作家が実感した「老いの現場」の苦闘、高齢者の本音、そして希望。人は介護を受けるために生きているのではなく、生きるために介護を受けるのだ――。老親を持つ世代必読のノンフィクション。