きよしこ

個数:

きよしこ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月05日 15時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104075041
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

少年は、ひとりぼっちだった。思ったことをなんでも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたから―きよしこに会いたかった。たいせつなことを言えなかったすべての人に捧げる、珠玉の少年小説。

著者等紹介

重松清[シゲマツキヨシ]
1963(昭和38)年、岡山県生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。99年、『ナイフ』で坪田譲治文学賞を、『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年、『ビタミンF』で第一二四回直木賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chimako

99
本当に久しぶりの重松作品。2002年刊行。直木賞受賞後の作品ラッシュの頃。懐かしいようなほっとするような、重松さんの子どもの話は良いなぁ。主人公は吃音のきよし。きよしこはきよしの作り出した友だち。言いたいことはたくさんある。思うこともたくさんある。「そうだよ」も「ちがうよ」も「きよし」も苦手。自分の名前もうまく言えないのに父親の仕事で転校続き。自己紹介でつまずきうまくクラスに溶け込めないときもある。それでも野球と感想文で一目置かれ大人になっていく。同じ吃音の男の子にあてた物語は最後に泣かされて幕を閉じる。2020/01/15

あつひめ

47
子供の頃はきっとどうして自分がみんなと違っちゃったんだろう・・・っていっぱい悩み苦しみ・・・人と向き合いたくないと思ったと思う。それを煽るような転校の連続。子供って時にはものすご~く悪魔になる時がある。悪気が無いから土足で人の心にドカドカ入り込んでくる。でも、1年1年同じような事を繰り返しながら自分で対処法を見つけている。これが成長だと思う。世の中にはいろいろな障がいを抱えている人が居るのは事実。だけど、ちょっとでも心を近づけることができたら・・・とこの本を読んで感じました。2010/09/14

達ちゃん

32
重松さんらしい話で心温まりやさしい気持ちになりました。この少年が「青い鳥」のあの先生になるのかと思いましたが、それは考えすぎでしたね。どの話も良かったですが、「北風ピュー太」が泣けました。2016/02/15

Rin

32
【図書館】吃音に悩む少年「きよし」の物語り。転校が多く、新たな環境になるごとに悩みも出会いもある。吃音だから、話したいことも話せない。そして少しずつ言い回しを変えたり、言葉も少なく話すようになる。それでも昔出会った「きよしこ」のことは覚えてる。伝えたい言葉は自分の言葉でちゃんと伝えたい。伝わるんだって教えてもらえた本。きよしがこの本を真っ先に送りたかった「君」にも他のひとたちにも伝わるといいですね。とっても優しい本でした!2015/01/15

だんたろう

27
作者自身の少年時代を綴る構成になっている。吃音や度重なる転校などで、表現することがなくなっていくきよし。僕には吃音も転校もなかったけど、似たような感覚を抱いたところがたくさんあった。自分の小さい頃をのぞき見られたようで、恥ずかしいような、こそばゆいような。このシンクロ感覚が、たまらなく胸にくる。ゲルマは本当はいいやつなんだね、元気にしてるのかなあ。2010/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574245

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。