乗合船―慶次郎縁側日記

個数:
  • ポイントキャンペーン

乗合船―慶次郎縁側日記

  • 北原 亞以子【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 新潮社(2014/03発売)
  • プレミアムフライデーポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 28pt
  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月24日 15時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 242p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103892236
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

旦那は鬼だね―。「仏の慶次郎」を二十年恨み続けてきた男は、その凶刃を聟の晃之助に向けた。慶次郎の胸に去来するのは怒りか、後悔か。病床で書き上げた執念の絶筆「冥きより」を収録。著者、渾身の一巻。

出版社内容情報

「二十年の恨み」そう言って男は晃之助を刺した。それは義父・慶次郎への復讐なのか? 著者の絶筆までを収録したシリーズ最終巻。

元同心・森口慶次郎、最後の事件。著者入魂の傑作シリーズ、ついに完結! 「二十年の恨みだ」男はそう言って晃之助を刺した。それは義父である慶次郎に向けられた復讐の刃ではなかったのか。やがて浮かび上がる一人の罪人とその切ない人生に、「仏」と呼ばれた元同心は何を思う――。いつの世も変わらぬ苦悩と人情がここにはある。円熟の境地でこの世を去った筆者の絶筆までを収録したシリーズ最終巻。