フィルムノワール/黒色影片

個数:
  • ポイントキャンペーン

フィルムノワール/黒色影片

  • 矢作 俊彦【著】
  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 新潮社(2014/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 46pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 23時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 571p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103775072
  • NDC分類 913.6

内容説明

神奈川県警の嘱託・二村永爾は、1本の映画フィルムの行方を追って、香港へ飛んだ。それは、ある殺し屋がモデルとなった、封印された映画だった。幻の黒色影片(暗黒フィルム)を巡り、立て続けに巻き起こる射殺事件。二村の前に現われた気高き女優と、謎の映画プロデューサー、そしてゲルニカ拳銃の銃口。横浜、長春、香港―複雑な過去と現在が交錯してゆく。

著者紹介

矢作俊彦[ヤハギトシヒコ]
1950年、神奈川県横浜市生まれ。1972年、「ミステリマガジン」に短編小説を発表。テレビ、ラジオ、映画など他分野でも活躍。1998年、『あ・じゃ・ぱん!』でドゥマゴ文学賞を受賞、2004年には、『ららら科學の子』で三島由紀夫賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

二村永爾シリーズ、十年ぶり復活! 舞台は香港、幻の映画フィルムをめぐり次々と起きる殺人事件。日活映画百年記念、宍戸錠も登場!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件