沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う

個数:
電子版価格 ¥1,595
  • 電書あり

沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 04時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103541912
  • NDC分類 202.5
  • Cコード C0095

出版社内容情報

恋人や家族が戯れる海の底で沈没船を探すロマンチスト。それが水中考古学者だ。今日は地中海、明日はドブ川。激アツの発掘デイズ。

内容説明

英語力ゼロなのに単身渡米、ハンバーガーすら注文できず心が折れた青年が、10年かけて憧れの水中考古学者に。その発掘現場は驚きと発見の連続だった!イタリアに行けば、指先さえも見えない視界不良のドブ川で超レア古代船を掘り出し、ギリシャの離島で命を危険にさらし水深60mで沈没船の記録作業、コスタリカでは地元で「海賊船」と噂される船の正体を推理…そして判明した正体とは!?最新技術を武器に、世界の海でフィールドワーク中!

目次

第1章 人類は農耕民となる前から船乗りだった
第2章 発掘現場には恋とカオスがつきものだ
第3章 TOEFL「読解1点」でも学者への道は拓ける
第4章 エーゲ海から「臭いお宝」を引き上げる
第5章 そこに船がある限り、学者はドブ川にも潜る
第6章 沈没船探偵、カリブ海に眠る船の正体を推理する
第7章 バハマのリゾートでコロンブスの影を探せ
第8章 ミクロネシアの浅瀬でゼロ戦に出会う

著者等紹介

山舩晃太郎[ヤマフネコウタロウ]
1984年3月生まれ。2006年法政大学文学部卒業。テキサスA&M大学大学院文化人類学科船舶考古学専攻(2012年修士号、2016年博士号取得)。船舶考古学博士。合同会社アパラティス代表社員。テキサスA&M大沈没船復元再構築研究室研究員。西洋船(古代・中世・近代)を主たる研究対象とする考古学と歴史学の他、水中文化遺産の3次元測量と沈没船の復元構築が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

87
沈没船博士、水中考古学者として世界中の海に潜るまで10年かかった。法政大学まで野球漬けで、英語も一切話せなかったのに憧れだけでテキサスA&M大学に行き、教授の授業で一言も聞き取れない状況から、フォトグラメトリを使用した方法論に関する論文で助手となり、今は共同研究者として世界中を飛び回る。「君が誰よりも楽しそうに仕事をしているから、見ていてこっちまで楽しくなる」と言われるのは「少ない給料で働いてる」でなく「無料で海外旅行をしつつ、さらに小遣いも貰っている」と考えるから。ロマンと根性と人の好さが溢れ出ている。2021/08/13

さつき

79
水中考古学者の著者が何故その道を選んだか。野球漬けだった青春時代や全く英語が話せない状態でアメリカへ留学したチャレンジ精神など目を見張らされるエピソード満載でした。地中海やカリブ海、ミクロネシアなど世界各地で特定の機関には属さず沈没船を調査するなんて、すごいバイタリティだと思います。冒頭で世界中には少なく見積もっても「水中文化遺跡となる沈没船」が300万隻は沈んでいるとの記述には単純にびっくり!まるで知らない世界を垣間見られたようで新鮮でした。2021/09/29

美紀ちゃん

69
プロ野球選手を目指していた著者は歴史小説など読書好きで、昔の脳?酸素が存在せず水温も一定で腐敗せずに保存されていたことを本で目にした。衝撃的すぎて水中考古学に興味を持つ。水中探査機の進歩やスキューバダイビングなどの浸透に伴い沢山の沈没船が見つかっている。沈没船復元再構築のフォトグラメトリを使ったデジタル3Dモデルの作成。画期的らしい。「バッタを倒しに」みたいなノリがある本。作者の水中考古学が大好き楽しい!という気持ちが伝わってくる。コロンブスのキャラベル船、戦争遺跡のゼロ戦、ワクワクした。2021/09/18

チャーリブ

25
水中考古学なる言葉を本書で初めて知った。海(ときには川)の底に沈んでいる沈没船を歴史的遺跡として発掘・研究する学問だ。本書は、水中考古学とはなんぞやという概説だけではなく、この希少な学問領域に著者がどのようにして出会い、どのようにしてその学問を修め、どのようにしてその世界で名を成すようになったかという努力と成長の記録でもある。青春記として読んでも楽しめ、元気がもらえる一冊。いわゆるトレジャー・ハンティングという海の宝探しが盗掘と同じ行為だということも覚えておきたい。○2021/10/11

ぽけっとももんが

12
先日テレビでお見かけした。水中に沈んだ船を写真に撮り3D化するフォトグラメトリという技術を開発し研究に生かしている水中考古学者。おおー、それはすごい、そんな仕事があり新しい技術が開発されているのか。それはもっと詳しく知りたい。水中に沈んだ木製の船は砂に埋もれたりすれば真空に近くなって保存状態はよいものなのだそうですよ。沈んだ船からわかることは多い。知らなくても世の大半の人には関係ない沈没船ではあるけれども、そこに船が沈んでいるから水中考古学者は潜るのです。2021/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18136502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。