明石家さんまヒストリー<br> 明石家さんまヒストリー〈2〉1982~1985 生きてるだけで丸もうけ

個数:
電子版価格
¥1,925
  • 電書あり

明石家さんまヒストリー
明石家さんまヒストリー〈2〉1982~1985 生きてるだけで丸もうけ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月15日 04時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103537823
  • NDC分類 779.9
  • Cコード C0095

出版社内容情報

絶好調の『ひょうきん族』に『笑っていいとも』『さんまのまんま』もスタート。全国区の人気を獲得した明石家さんまの絶頂期に迫る!

内容説明

「アミダばばあ」「パーデンネン」といった『ひょうきん族』の人気キャラクター誕生秘話から、雑談芸の確立、ビートたけしやタモリとの火花散る攻防戦、悲しい別れと、人生観を大きく変えた大事故まで―。運命を分けた東京での大勝負。絶頂の4年間に迫る!

目次

1 躍動―1982年の明石家さんま(師匠との文通;松田聖子からの手紙 ほか)
2 自愛―1983年の明石家さんま(寝る間を惜しんで草野球;『ポップ対歌謡曲』 ほか)
3 雑談―1984年の明石家さんま(林家小染の死;「明石家さんま」で「テレフォンショッキング」初出演 ほか)
4 運命―1985年の明石家さんま(妖怪人間・知っとるケ;なぜそんなに元気なのか? ほか)

著者等紹介

エムカク[エムカク]
1973年福岡県生まれ。明石家さんま研究家、ライター。1996年より「明石家さんま研究」を開始。以降、ラジオやテレビ、雑誌などでの明石家さんまの発言をすべて記録し始める。莫大な愛情と執念によって記録されたその内容は、すでに業界の内外で話題を呼んでいる。日本テレビ『誰も知らない明石家さんま』など、テレビ特番のリサーチャーも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ma-bo

76
明石家さんま研究家エムカクさん著者の第2弾。1982年から1985年の4年間。ひょうきん族(ブラックデビル、アミダばばあ、なんですかマン等)、笑っていいともレギュラー起用、さんまのまんま開始。エムカクさんが残している膨大な記録からテレビ、ラジオ、雑誌、インタビュー等で本人や周りの方たちの発言を網羅。生きてるだけで丸もうけの哲学に至ったであろういくつかの出来事も。次回作も楽しみ。2021/09/14

ぐうぐう

33
1982年から1985年の明石家さんまの記録。たった4年間だが、この4年で現在に至るまでの明石家さんまの評価が決定付けられたことが本書を読むとよく理解できる。『ひょうきん族』でのブレイクを機にスターダムにのし上がっていくのだ。しかし、本書が特異なのは、さんまの活動や発言を網羅していることであり、メインストリートだけを追っていては見えてこないさんまの実像が浮かび上がってくる点にある。弟の死を境にさんまの発言に変化があったことを著者は知っていくし、(つづく)2021/07/13

gtn

32
人の死に周りが悲しむのはせいぜい一週間。ならば、人の目など気にせず、"軽さ"の芸を徹底的に追求しよう。実弟の死に直面し、こう悟ったさんま。彼が歩みを止めないのは、その情念に突き動かされているからだと分かる。ただ、あまりにもメジャーな存在故か、今まで彼に食指を動かすライターがいなかった。また、彼の哲学に照らし、自伝など残すわけがない。よって、本書がなければ、数十年後、笑芸史に空白が生じるところだった。2021/11/07

ばんだねいっぺい

29
待望の「ひょうきん族の時代」の巻は、芸人として、貯金なんてせず、よく学びよく遊び、笑いを追求するのに併せて、林家小染、弟・正登さん、祖父の音一さん、日航機の件もあり、「生きてるだけで丸もうけ」の哲学へ達する巻だった。師匠の薫陶もあり、誰よりも「芸人としての実存」を問う激烈な生きざまでありながら、「軽さ」を構えを辞さず、フリーレン的な徹底した魔力抑制により「文化人化」しない端倪すべからざる男。通称・「日本一のサイテー男」。 2021/07/12

ガットウ

20
★★★★4.7点。第二巻は『俺たちひょうきん族』の頃のハナシ。もう、たまらなく面白い!同世代(第2次ベビーブーム)男性限定で、ぜひお薦めです。2021/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18098584
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。