明石家さんまヒストリー<br> 明石家さんまヒストリー〈2〉1982~1985 生きてるだけで丸もうけ

個数:
電子版価格 ¥1,925
  • 電書あり

明石家さんまヒストリー
明石家さんまヒストリー〈2〉1982~1985 生きてるだけで丸もうけ

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2021年08月02日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103537823
  • NDC分類 779.9
  • Cコード C0095

出版社内容情報

絶好調の『ひょうきん族』に『笑っていいとも』『さんまのまんま』もスタート。全国区の人気を獲得した明石家さんまの絶頂期に迫る!

内容説明

「アミダばばあ」「パーデンネン」といった『ひょうきん族』の人気キャラクター誕生秘話から、雑談芸の確立、ビートたけしやタモリとの火花散る攻防戦、悲しい別れと、人生観を大きく変えた大事故まで―。運命を分けた東京での大勝負。絶頂の4年間に迫る!

目次

1 躍動―1982年の明石家さんま(師匠との文通;松田聖子からの手紙 ほか)
2 自愛―1983年の明石家さんま(寝る間を惜しんで草野球;『ポップ対歌謡曲』 ほか)
3 雑談―1984年の明石家さんま(林家小染の死;「明石家さんま」で「テレフォンショッキング」初出演 ほか)
4 運命―1985年の明石家さんま(妖怪人間・知っとるケ;なぜそんなに元気なのか? ほか)

著者等紹介

エムカク[エムカク]
1973年福岡県生まれ。明石家さんま研究家、ライター。1996年より「明石家さんま研究」を開始。以降、ラジオやテレビ、雑誌などでの明石家さんまの発言をすべて記録し始める。莫大な愛情と執念によって記録されたその内容は、すでに業界の内外で話題を呼んでいる。日本テレビ『誰も知らない明石家さんま』など、テレビ特番のリサーチャーも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。