孤高の祈り―ギリシャ正教の聖山アトス

個数:
  • ポイントキャンペーン

孤高の祈り―ギリシャ正教の聖山アトス

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月21日 22時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 175p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784103511816
  • NDC分類 198.19
  • Cコード C0016

出版社内容情報

俗世と隔絶された環境で千年以上続く祈り。女人禁制、撮影禁止の宗教自治国に生きる修道士たちの日常をとらえた、世界初の写真紀行。

内容説明

原始キリスト教の伝統を色濃く残すギリシャ正教の聖地。俗世と隔絶された環境で千年以上守り継がれた祈りの生活…世界遺産に登録されながら、今なお女人禁制の宗教自治国を初めて撮影。二千人の修道士たちの祈りの日々を追う、驚きと感動の写真紀行。

目次

第1章 アギオン・オロス・アトス
第2章 修道院の祈りと生活
第3章 冬のアトス 降誕祭
第4章 ケリに生きる修道士
第5章 「記憶」祈りのとき
アトス修道院に暮らして―性善説のキリスト教(日本ハリストス正教会司祭 パウエル中西裕一)

著者等紹介

中西裕人[ナカニシヒロヒト]
写真家。1979年、東京都杉並区生れ。日本大学文理学部史学科卒業後、外苑スタジオ、雑誌「いきいき」(現「ハルメク」)専属フォトグラファーを経て2015年独立。雑誌、書籍、広告、Webなどの媒体で活動中。2014年に洗礼を受ける(洗礼名ニコライ)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こばまり

57
息を呑む程に美しい風景が多数収められているが、所謂秘境写真集に非ず。ギリシャ正教の聖山アトスの利用ガイドであり、旅のルポルタージュ、ギリシャ正教入門書で宗教観の考察かつ、父と子の物語であった。澄んだ瞳を見ていると無宗教な自分が何やら損しているような気持ちに。2018/01/27

ann

47
村上春樹氏の「雨天・炎天」で初めて「アトス」を知り興味を持っていた。そんな諸兄には生唾ものの素晴らしい写真集。添えられている文章も同じく素晴らしい。ギリシア正教のこと、少しだけれど自分の人生の中で触れることができて素直によかったと思えた。 女人禁制(猫だけは別)は知っていたが、彼の地の領内にありながら、治外法権が認められ、独立した宗教自治国だというのは今回初めて知った。手許に置きたい一冊であるが、その性質上、とても高価なので断念。2020/07/04

テツ

24
ひたすら俗世間から隔絶しただただ祈りを捧げる生。己と主の存在を見つめ続ける毎日。派手さはないけれど澄み切った美しい狂気としか呼べない姿に信仰って本質的にファナティックなシロモノなんだということを再確認する。自分のためではなく他者のために祈る。祈りとはよりよい未来を求める行い。時間という概念に到達した我々人間にしか為し得ない素晴らしい精神活動であり、それを他者のために行うってよくよく考えたら凄まじい不思議さと美しさだよな。人間の極致ってこの道の果てにあるのだろうか。2017/12/17

カタコッタ

13
ただの写真集ではありません。世界遺産でありながら観光地化されておらず、ギリシア正教の聖山アトスの祈りの場である。修道院、聖地とは、巡礼とは、人の行いとは。いろいろなことを考えさせられた一冊でした。本来アトスでは写真撮影が許されておらず、ニコライ堂司祭を父にもち自ら洗礼を受け特別に許可を得た大変貴重な写真集であり、紀行文です。私には大変わかりやすかった。治外法権の特殊な宗教自治国を知る機会となった。宗教は人をここまで動かす力がある。そして精神力も。何もかも捨てたアトスの修道士たちの顔と眼差しは感動的である。2020/07/18

Christena

10
図書館の新着コーナーにあった本。女性である自分は行きたくても絶対に行けない女人禁制の島にある修道院。静かに祈りながら暮らす人々との心温まる交流が豊富な写真とともに綴られている。なかなか撮影も許可されない場所だそうで、この本に出会うことができて良かった。2017/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12142585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。